ACL・GL第6戦 vs メルボルンV ~消化試合で得た事もあるはず~

ACL2016 グループステージ 第6節メルボルンV 2-1 ガンバ大阪5月3日(火) 消化試合での収穫はあった。■スタメン攻撃時は⑨アデミウソンがトップ下らへんまで下りてボールを受けるスタイル。守備時は⑨アデミウソンと⑳長澤の2トップが並び、2列目と3列目は4人がフラットに並ぶ布陣で挑む今年のACL初勝利。相手は11人のスタメン+鳥!!(笑)■前半攻撃の中心はやはり⑨アデミウソン。それと意識して⑧岩下がロングフィードを...

ACL・メルボルン戦は主力の温存で臨むという報道。

今日のJ3のスタメンを見て、3日のオーストラリアでのメルボルン戦を考えてみようかと思いましたが、どうやら、川崎フロンターレ戦からは⑤丹羽と㉟初瀬以外のスタメンをガラッと変えてくるとか。加えて、㊴宇佐美と⑦遠藤と①東口は帯同もせずとの報道。メルボルン戦・予想スタメン全然、予想にならない予想。まったく配置とかわからん!笑期待したい選手としては、それぞれ先発濃厚という話をきく選手。⑧岩下。昨年の11月以来となる...

ACL・GL第5戦 vs 水原三星 ~終わったので違う事を始めよう~

ACL2016 グループステージ 第5節ガンバ大阪 1-2 水原三星4月19日(火) 終。<ガンバLINEより>終わった。ガンバにとってのACLが終わりました。㊴宇佐美がPKを2度も外したが、それが無かったとしてもキビしかった…。何で守備の時に、あんなにダラダラズルズルとボールを見ながら下がるんやろ…。何を怖がって…?何でペナルティエリアに入られないと体当てにいかんねやろ…。何でその前にやらんの…?と、まぁ言うてもしょ...

【条件を整理】今日で2016年、ACLは終わるのか?

今日、早くもACL2016の戦いが終わる可能性のある戦いがあります。シーズン開始前、アデミウソンや藤本など十分に即戦力になり得る補強を行ったガンバ大阪。しかし、蓋を開けてみると前シーズンからの疲れが癒えていないのか、コンディションにばらつきがあり90分を通して効果的な動きができていた試合は皆無に近い。勝ち試合も、先制点をあげて『な・ん・と・か』勝ちを拾うような綱渡りの勝利だった。そんなチーム状況の中でのACL...

上海の練習試合の相手にもならない弱すぎたガンバ。~ACL・GL第4戦~

ACL2016 グループステージ 第4節ガンバ大阪 0-2 上海上港4月6日(水) 東口以外落第。<この席が見やすいという事が唯一無二の収穫>弱い。めっちゃ弱い。弱すぎる。現地で観戦。攻撃にも守備にもいいところなし。まったく。いや、①東口はよくやっていた。フィードも良く、スローイングも良い、そしてDFの裏に出されたボールもペナルティの外に出てしっかり相手をかわして落ち着いて裁く。ゴールキックも人一倍急ぎ、攻...

ACL・GL第4戦 vs 上海上港 マッチプレビュー ~斜めの動きとダイレクトプレー~

浦和が広州恒大に勝った。素晴らしい。広島がブリーラムに勝った。素晴らしい。AFCアジアチャンピオンズリーグの折り返しをグループリーグ3位・勝ち点2で折り返したガンバ大阪。勝ち点1で折り返した昨年を考えれば…と言いたいところですけど、あの突破は奇跡に近いと考えるのが妥当。幸い、グループ内の勝ち点差が最大で「4」という事もあり、1勝すれば一気に状況は一変するはず。幾度も「絶望から這い上がる事を諦めない意思...

中国に負けたと思えないのが余計悔しい。 ACL・GL第3戦マッチレビュー。

ACL2016 グループステージ 第3節上海上港 2-1 ガンバ大阪3月15日(火) 外国人トリオに屈する。またまた書きたくないブログの日がやって参りました。一番恐れていた形からの2失点。日テレのアホ実況がいきなり選手紹介で『東口』を『ハラグチ』と言った時点でイライラした気持ちは解消されることなかった。……どうにかならんのか、日テレのアホ実況。■スタメンJリーグ・第3節の大宮戦からトップの⑳長澤に変わり㉙パトリッ...

ACL・GL第3戦マッチプレビュー 上海上港は強くない。

ACL2016 グループステージ 第3節上海上港 - ガンバ大阪3月15日(火) 20:30 キックオフEmbed from Getty ImagesJ3の開幕戦は惜しくも引き分け。せっかくのスカパーもJ3までカバーしきれず、ハイライトのみの鑑賞になりましたが、⑩二川や㊵小椋は格が違ったようで。(というか当たり前。)行かれた方のブログやコメントを見ると『クセになりそう…』との声多数。3試合で2,400円のチケットもあるのでゆっくりスタジアムを...