fc2ブログ
04
2016  

サッカーを楽しもう! 第5弾その1 ~最終ラインって何の事?

サッカーを楽しもう! 第5弾その1 ~最終ラインって何の事?~

『サッカーを楽しもう!』というカテゴリーの主旨。
サッカー中継での解説の言っている事や、観戦中に友人から受けた質問、単純に自分がわからなかった事を載せて、
よりサッカーを…フットボールを理解しようというカテゴリーです。
サッカーをもっと良く知りたいという方の手助けになれば嬉しいです。

今までの記事はコチラ⇒【サッカーを楽しもう!】その他の記事へ。


中継を観ていると『最終ラインが高い(低い)ですね~』や、『ラインを上げたいですね~』などを耳にする事はよくあると思います。

でも、実際どういう意味で言ってるのかよくわからんな~。
と、言う方けっこう多いと思います。

そこで、自分が認識している範囲ではありますが、少しでもクリアになればいいな…という事で書いていこうと思います。

■そもそも最終ラインとは?


まずは【最終ライン】というのが何なのか?

最終ライン①

自陣、相手、それぞれのゴールラインから2人目の選手の位置が最終ライン(オフサイドライン)になります。
もしもキーパーが前線に上がった場合でも、「2人目の選手の位置」と言う認識でOKです。
1人目と2人目の間に待ち構えてボールを受け取る動きをするとオフサイドになるというワケですね。

では 『ラインが高い』、『ラインが低い』とはどういう状態か?

<最終ラインが高い>
ラインが高い

<最終ラインが低い時>
ラインが低い


それぞれのメリットなどについては後述しますが、

ラインが高い=攻めている。
ラインが低い=守っている。


という認識でひとまずは問題ないと思います。


続けて、そもそもなぜラインを上げたり下げたりするのか?
大きな目的としては『プレーできるエリアをコントロールすること』にあります。

それぞれについてみていきましょう。

■ラインを高くするとメリットは?


自分たちがプレーするエリアを相手ゴールに近づける事ができるので少ないパスで得点になりやすい。
守る側としても一瞬の気の緩みが失点に繋がってしまう意識があるので、集中力が問われる。
それにより相手選手を疲弊する意味でも、攻撃においてラインが高い事は非常にメリットであると言えると思います。

<最終ラインが高いメリット①>
ラインが高いメリット①

また、裏を返せば相手がプレーできるエリアを相手ゴールに近づける事ができるので失点になりにくい。
選手間も近くなるので奪われてもすぐに奪いに行きやすい。
中継などで「ラインが高いので選手の距離が近くプレスをしっかりかけれますね」など

<最終ラインが高いメリット②>
ラインが高いメリット②

ラインを高くする事で、
『自分達のプレーエリアを相手陣内近くに取り得点しやすく』
『相手のプレーエリアを自陣ゴールから遠ざけて、失点しにくく』

コントロールしているという事になります。

■ラインを高くするデメリットは?


しかし物事にはメリット・デメリットが隣り合わせで、ラインコントロールも例外ではなくデメリットが存在します。

ラインが高い状態だと図をみてもわかる通り、GKの前に広大なスペースが生まれます。
図のように「裏に抜けるパス」を出されると一気に大ピンチとなってしまいます。
たとえDFに追いつける速さがあっても自陣ゴールに向きながらの守備というのは非常に難しく、コーナーキックや失点の可能性は高くなってしまいます。
中継などでは「ラインが高いので裏に抜けるパスには注意したいですね」など。

<最終ラインが高いデメリット>
ラインが高いデメリット①

ラインを高くする事はメリットもありますが、このように相手に俊足FWがいる場合や自分のチームにその速さを無力化できるDFがいない場合、一瞬で失点のピンチも招いてしまいます。

そういう失点を嫌うチームは基本的にラインを低くしてスペースを作らない戦術を取るわけですね。

■ラインを高くする場面


よく相手のコーナキックやフリーキックを防いだ後、「ラインを上げろ~!」と聞いた事があると思います。
ラインを上げるとどうなるか?
オフサイドの位置に相手FWを取り残す事ができます。
こうする事でたとえボールを奪われロングボールを蹴られてもオフサイドになるのでピンチを迎えるシーンは少なくなります。

<クリア後の対応>
クリア後①

ただ、クリアボールをすぐに拾われるとラインを上げる暇がないので、相手がプレーできるスペースが広く、自由にパスやドリブル、シュートなどをしかけられてしまい守る時間が増えてしまいます。
中継などでは「セカンドボールを拾われてしまってるのでなかなかラインを上げられませんね…」など。

<クリア後の対応できず…>
クリア後上げれなかった場合

という所で、思ったより長くなりそうなので「その1」はここまで。

次回は【ラインを低くするメリット・デメリット】、【ラインがバラバラではダメなのか?】について書いていこう思います。

最終ラインの事はなかなか読んだだけでは把握もしずらく、まして素人の書いたものでは余計に混乱させてしまうものになってるかも知れませんので「ふ~~ん」ぐらいのテンションで読んで頂くぐらいがいいかも知れません。

それではまた明日………明日!?

<~ランキングに参加してます~>
良かったら[Ambition]バナーをポチっとお願いします。
他のサポのガンバブログも御覧になれます!
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
※コチラをポチっと拍手して頂けると嬉しいです。


※「feedly」の登録はコチラ。
follow us in feedly


※楽天ウィジェット。
関連記事~カテゴリ別~

 サッカーを楽しもう!

2 Comments

おじチャリ  

No title

くにきちさん こんばんわ

今から20年ほど前はラインコントロール、オフサイドトラップとか大流行でしたね。

トルシエのフラットスリーも懐かしいです


私は博打のようなオフサイドトラップはスリルがあって大好きでした

2016/04/05 (Tue) 00:24 | EDIT | REPLY |   

ガンバカ・くにきち  

Re: No title

おじチャリさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!

流行ってましたね(´艸`*)
僕もオフサイドトラップで好きです!

ただサイド攻撃を主に行うチームが多い中ではリスクの方が高いからあまりしないのかな…と。

DF陣の連携もかなり必要でターンオーバーなどで入れ替わるので余計に難しいですもんね…。

2016/04/05 (Tue) 08:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment