fc2ブログ
30
2016  

ルヴァン杯でも輝けるか?広島キラーの長澤駿。

日本代表・アジア最終予選の為にJリーグは一時中断。
中断期間で行われるのは『ナビスコ杯改めルヴァン杯』


初代王者を狙うガンバに立ちふさがるは、もう何度目でしょう…。
サンフレッチェ広島
まず初戦となるアウェイでのゴールが必要となる。


いつものようにマッチプレビュー……
と言う所ですがサンフレッチェとは近々に試合をしたし、改めて書かんでもいいかな…と(笑)
そこで、中断前の第10節・湘南戦、大雨の中で見事な2ゴールを決めた長澤駿について書いていこう思います。


まずは、2ndステージ第10節のベストゴール・ノミネートゴールとなった1点目。
ゴールした瞬間に、ベストゴール候補!と唸った人も多かったはず。




ただでさえ難しい後ろからのボールを、この大雨の中でバウンドも不安定な中で素晴らしいボレー。

この試合の2ゴールで、ガンバ内の得点ランキングではアデミウソンをの6ゴールを抜き『7ゴール』となりました。
ちなみに現在28歳の長澤、去年までのJ1通算得点も7ゴールやったんで、今年は一気に通算ゴールに並んだシーズンです。


試合に出てる時間はアデミウソンと比べると短いのにこのゴール数。
仲間内で僕が『コストパフォーマンスが高い長澤!』と言ってる事の証明の意味も込めて、
J1リーグ得点王ランキングの上位陣といろいろ比べてみようと思います。

長澤駿
<身長192cmを誇りながら、足元も確かな技術をもつストライカー>



■本当に「決定力」のあるストライカーは誰だ!

Jリーグの得点王ランキングはシーズン序盤から新加入ながらフィットしたサンフレッチェ広島・ピーターウタカが現在1位。

2位に川崎フロンターレ・大久保嘉人

3位以下、レアンドロ小林悠豊田と続く。

その上位5名とガンバ大阪・長澤駿のシュート数、試合数、試合時間などをまとめたものがコチラ。


長澤の決定力



長澤は『決定率』・『90分毎の得点率』で上位5人を凌ぐ数値。



『決定率』に関しては、その他の得点ランキング上位者で比べてもトップに立つ程で、
『90分毎の得点率』はジュビロのジェイの方が少し高いが、それでもトップクラスの数値。


試合数を多くこなせば疲れも蓄積されるし、研究もされるので、このペースで得点し続けるのは至難の業ですが、それでも十分に決定力の高いストライカーと呼べる数値ではないでしょうか。


……じゃあ長澤はどういう動きで点をとってるんやろう……??


■長澤は“消えるんです”

サッカーにおいて、クロスがどの位置に落ちてくるか?それを受けて、どれぐらいのボールを蹴ればシュートが入るか?
などを把握する『空間認識能力』は非常に大事だと……サッカー経験の少ない僕ですら言われた事があります。

それに加えてストライカーとしては、自分が活きる形でボールを受ける動きも、かなり重要になる。
自分の形にもっていきたいFWと、それをさせないDFの競り合いがペナルティエリア内ではよく起きますよね。

って事で、先日の鳥栖戦からコレが長澤の形かな…というシーンを。


大森にボールが渡る前は鳥栖DFの前にポジションを取っていた長澤。

長澤の消えるんです①

しかし、すぐに長澤はポジションを取りなおして鳥栖DFの後ろへ。
このポジショニングのおかげで鳥栖DFは、
①ボールを見れば長澤が見えない。
②長澤を見るとボールが見れない。
という状態になる。

長澤の消えるんです②

そして大森がクロスを上げようとした時、終了間際の失点をかなり嫌がり、長澤を見ずにボールウォッチャーとなりクロスの対応に入る。

長澤の消えるんです③

大森の良いクロスに後ろに下がりながらの鳥栖DFが、視界の向こうから前を向いてジャンプする190cmオーバーの長澤に勝てるはずもなく…。

長澤の消えるんです④

勝負ありっっ!!!



DFとしては、長身FWに『視界からいなくなる事』『前に入られる事』をされてしまったら失点してしまいます。

長澤は、ポジショニングの時点で勝負に勝ち、得点は必然と言えるのかな…と思いました。


清水エスパルスで一緒にプレーした藤本が、ガンバTVのインタビューを一緒に受けてた時に『シュートセンスがすごい』と言ってたと記憶してるですけど、本当にそう思う。
ヘディングだけでなく、空間認識能力も高さの証明となる広島戦のようなループシュートも決めるし、湘南戦のような難しいボレーも決める。
チームメイトとの理解も深まってきて、ストライカーとして過ごしてきて磨かれたシュートセンスが光ってますね。


プレーではないがもう一つ。
清水エスパルスからガンバ大阪へ完全移籍する際に、『お世話になったこのクラブに何か残したい』とユースの子達へ試合球を20球もプレゼントする義理深い選手でもあります。 リンク⇒清水エスパルス スタッフブログ「育成だより」より

毎回得点を決めた試合のインタビューも『ガンバは良いパサーがたくさんいる。僕ひとりで取った得点はひとつもない。感謝しかない。』と、まず感謝を口にする人間性も素晴らしい。


今日のルヴァン杯は報道によると遠藤が休養となりそうで、この男にかかる期待は大きく大きくなる。
その後の天皇杯やリーグ優勝戦線での活躍も大いに期待したい。


ブログが良かったと思われた方[Ambition]バナーをクリックお願いします!!
<~ランキングに参加してます~>
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
他のサポのガンバブログもこちらから御覧になれます! ※コチラをポチっと拍手して頂けると嬉しいです。


※「feedly」の登録はコチラ。
follow us in feedly


※楽天ウィジェット。
関連記事~カテゴリ別~

 サッカー(ガンバ)

0 Comments

Leave a comment