fc2ブログ
05
2016  

ルヴァン杯準々決勝 第2戦×広島 マッチレビュー これぞ『プロレスサッカー』

ルヴァン杯 準々決勝 第2戦
ガンバ大阪 6 - 3 サンフレッチェ広島
これこそエンターテイメント

ガンバボーイ


忘れかけていた懐かしい味を思い出すには十分な試合展開。

古くからのサポーター、ひいては古くからJリーグを観ている他チームのサポーターでさえ『昔のガンバは面白かった』という声をよく聞くが、それはただただ攻撃的だったから…というのが理由だけではないと思う。
昨日試合を観て、思い出しました。


ガンバはよく、サッカーでプロレスをしていたという事を。


プロレスというのは、試合の中で「相手の攻めを受ける時間、相手を攻める時間」が順番にきます。
相手の攻撃を[わざと]受けて、観客に「いや~今の喰らったらもう立てへんでぇ……」と思わせてからそれに耐えて「うぉぉ~~!!立ったぁぁ~~!!今度はこっちの番や!!いけぇ~!!」という展開から一気に必殺技で相手を叩きのめして最後には勝利を勝ち取る。

プロレスとは、そういう展開を楽しむ極上のエンターテイメント


という事で試合の振り返り。
この試合は始めてカトゴリー1で観戦し、まだ録画をしっかり見直してないので気になった部分を切り取ったもの。
※注意、なかなか切り取れず……かなり長いものになりました…。すみません。

■前半


準々決勝・第1戦にてアウェイゴールを取っているガンバ
勝利もしくは0-0の引き分けで順調に準決勝進出となるが、エンターテイメント性に溢れるチームにそんな順調なシナリオは用意されていない。


24分。
⑬阿部の頭に当たったボールがそのまま流れてサイドの清水へ。
清水が上げたクロス柏へ渡り、柏のクロスから与えたコーナキックで失点

【2戦合計:ガンバ 12 サンフレッチェ ・このままならサンフレッチェ勝ち抜け

そうそう、大体まずは試合の流れを持たせるんです。
ここがプロレスサッカーのポイントです。
そうやって下げてから上げる。
エンターテインメントをよくわかってらっしゃる。
…内心、『うわぁ……試合前のアドバンテージが消滅したやないか…』という少しドキドキしてましたが、僕らにそう思わせておいて…



32分。
⑨アデミウソンが右サイドから切り込み⑳長澤のオサレヒール!!!

ルヴァン杯広島1点目

長身レスラーFW・⑳長澤によるテクニカルな技が発動!!
プロレスの流れ通り、攻撃されたら攻撃をやり返すという展開で試合をイーブンに戻す!!!

【2戦合計:ガンバ 22 サンフレッチェ ・このままなら延長戦へ。




④藤春が守備で魅せ、攻撃では⑬阿部からフリーの⑳長澤へ渡るなどエルボー、パンチで地味にダメージを与えて行く。
しかしこの場面は時間がかかりすぎて技(シュート)は打てず。



前半アディショナルタイム中の47分。
ホームの勢いを味方につけたリング上の選手達は躍動感をもった攻撃を魅せる。

⑭米倉 ⇒ ⑦遠藤 ⇒ ⑬阿部 ⇒ ⑭米倉 ⇒ (広島GK・林) ⇒ ⑳長澤
と、スピード溢れる連携から相手を突き放す1点を取る。

ルヴァン杯広島2点目

【2戦合計:ガンバ 32 サンフレッチェ ・このままならガンバの勝ち進み。



前半で既にフルスロットルの展開。
このまま1点のリードで試合が終わるはずない…。
そう思わせる雰囲気をサンフレッチェにもガンバにも感じるスタジアムの雰囲気でした。



■後半

サンフレッチェは選手交代。
パワーで圧倒できるウタカ、スピードで翻弄するミキッチをリングピッチ上に入れて攻勢を強める。


この2人を中心に逆転を目論見、更にはガンバに致命傷を与えようと全体で襲い掛かってくるサンフレッチェ。


49分。
ペナルティエリア手前でサンフレッチェにFKのチャンスを与えてしまったガンバ。
前半に反対側の同じような位置で1度蹴っていた事で感覚を得ていたのか森崎が見事にガンバゴールネットを揺らす。

【2戦合計:ガンバ 33 サンフレッチェ ・このままならサンフレッチェの勝ち進み。


しっかり2転3転……と、プロレスではお約束の展開でサッカーを行うガンバ。
そして「くぅ~交代でウタカらが入ってすぐに失点するんかぁ~!このまま突き放されへんようにやり返そう!!」という僕らの期待をしっかりと裏切らない。


55分。
⑭米倉が得たコーナーキックからの⑦遠藤大先生の精度満点のボールを、⑤アントニオ丹羽がヘッド!!

ルヴァン杯広島3点目

再び、リードを持つガンバ!

【2戦合計:ガンバ 43 サンフレッチェ ・このままならガンバの勝ち進み。


立て続けに60分。
時間的にもそろそろ試合を決める為にこのリードした状態を維持したいガンバ。
相手のダメージに追い打ちをかけるが如く一気に畳みかける。

左サイド⑲大森が果敢にペナルティエリアへの侵入を試みて⑨アデミウソンへ。
受けた⑨アデミウソンは落ち着いてシュートを広島ゴールへ!

ルヴァン杯広島4点目

この状況を作った⑲大森の積極性に胸が躍る。

大森の積極性①

大森の積極性②

大森の積極性③

さすがに野上1人でドリブルする⑲大森と受けの上手い⑨アデミウソンを見るのは無理。

【2戦合計:ガンバ 53 サンフレッチェ ・このままならガンバの勝ち進み。



更に3分後の63分。
2度の逆転の芽を摘まれたサンフレッチェは、集中力の切れた選手がいたのかパスミスをして⑨アデミウソンにボールが渡る。
そのままドリブルで駆け上がる⑨アデミウソンに対して広島は3人で囲むが…。
そのプレッシャーをものともせずに今日2得点目!!

ルヴァン杯広島5点目

このゴール直後にお役御免で㉓呉屋と交代した⑨アデミウソン
試合を通してファウルを貰いにいってた感が強かった⑨アデミウソンだったが、そこでもらえなくても集中力を切らさなかった。

【2戦合計:ガンバ 63 サンフレッチェ ・このままならガンバの勝ち進み。



代わって入った㉓呉屋は前から広島最終ラインに猛プレスをかけるが、猛追するその足音は『得点!得点!!得点!!!』という音が聞こえそうなほど得点に飢えているように見える。

……浦和監督・ペドロヴィッチが、ルヴァン杯第1戦後、勝利した自分達の選手に「勝ってる時に相手を叩きのめすメンタリティーが日本のチームにはない!」と怒ったみたいですが、、、
……いますよ。ここ大阪にそういうメンタリティーを持ったチームが。
というか、あなた幾度となくやられてますよ。




71分。
⑳長澤から⑳呉屋につなぎ、⑳呉屋は潰れながらも右サイドの⑬阿部へ。
そのままドリブルで持ち込み、見事にゴール!!

ルヴァン杯広島6点目

関西学院大学の先輩後輩コンビでトドメ!
潰れた後もしっかりゴール前まで走ってボールを要求する㉓呉屋
ストライカーの鑑やでぇ…。

呉屋の飢え①

呉屋の飢え②

呉屋の飢え③

【2戦合計:ガンバ 73 サンフレッチェ ・このままならガンバの勝ち進み。



79分。
最後にサンフレッチェの皆川に一太刀浴びるが…奮闘むなしく。

【2戦合計:ガンバ 74 サンフレッチェ ・ガンバの準決勝進出。



レフェリーの3カウント
……主審のホイッスルが鳴り、ガンバが『2戦合計7-4』という激戦を制する。



■総括


DEAD or ALIVEとなるトーナメントの醍醐味を、存分に僕らに味わわせてくれる両チームの攻防は、非常に興奮するエンターテインメント性の高いものとなりました。


ホーム&アウェイの合わせて180分のゲームマネジメントを、心得ていたのは結果的にはガンバ大阪という事になるかなと。


第1戦で⑦遠藤⑨アデミウソンを休ませて負けなかった事。
第2戦でその2人がしっかりと結果に繋がる活躍をしたこと。


吹田スタジアムの「カテゴリー1」の前列から観てて、
文中には直接決定的な仕事をしたのは⑤丹羽の決めたコーナーキックだけになるが、90分かけてサンフレッチェにジワジワとダメージを与えていたのは⑦遠藤保仁だった印象です。

ボールロストもそこまで見られなかったし、少ないミスも無きモノにするほどに効果的なポジショニングとパスの散らしでチームを繋げる役割を存分にこなしていたと思う。
……この辺は、録画を見直してゆっくり注目してみようと思います(´艸`*)

5点目が入ったあとの65分ごろの40本程パスが連続で繋がってる間、パスが通る度に『ウー!』『ウー!』『ウー!』と言う声援、⑦遠藤にはどう感じたか聞いてみたいなぁ。



ルヴァン杯・準決勝の相手は横浜F・マリノス
まずはホームでの試合をして、その後アウェイ戦となります。

そして、おそらく①東口はまた代表で居ないでしょう。
⑱藤ヶ谷という事で、またもやプロレスサッカーとなるかも知れないが、この試合の前半アディショナルタイムの得点はアナタが見事なサイドチェンジを④藤春に通した事で始まった得点だという事を忘れません。
あ、それと後半に柴崎のシュートをセーブしたのは流れを引き寄せるナイスセーブでした!


大味の試合をした直後の試合は取りこぼす事も多いガンバ。
2ndステージ優勝に向けて、次の甲府とのリーグ戦の為に、勝って兜の緒をしめましょう!!


ゴール裏のみなさん、TVで観ていたみなさん、応援お疲れ様でした!!!

待ちくたびれる遠藤


ブログが良かったと思われた方[Ambition]バナーをクリックお願いします!!
<~ランキングに参加してます~>
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
他のサポのガンバブログもこちらから御覧になれます! ※コチラをポチっと拍手して頂けると嬉しいです。


※「feedly」の登録はコチラ。
follow us in feedly


※楽天ウィジェット。
関連記事~カテゴリ別~

 ナビスコ改めルヴァン杯 2016の戦い

6 Comments

サンフレ三郎  

完敗です。

くにきちさんおはようございます。

完敗です。
アツイ戦いを期待してたのですが・・・・
最後は、完全な力負けでした。
こちらとしては井手口選手のプレスでリズムを崩されたと感じました。

井手口選手のプレスが目立ち始めて、広島のパスミスが目立ち始めました。
それと、広島に足りないハードなプレスがうらやましくも写りました。
いい選手が育ってきているようで羨ましいですね。

ぜひぜひ、G大阪さんが優勝して優勝旗を西日本へ持ち帰り下さい。

2016/09/06 (Tue) 07:22 | EDIT | REPLY |   

くにきち  

Re: 完敗です。

サンフレ三郎さん、おはようございます。

正直、9得点もぜんぶで入る試合になるとは思いませんでした。。。

おっしゃる通り井手口も後半とくによくやっていたと思います。
前半は少し行き過ぎて嫌な癖でファウルを与えていたのでヒヤヒヤしたのですが…。

結果的に大差になりましたが、それでも3-3になった時は怖かったです。
監督も言ってましたが早い時間に取れたのは大きかったです。

ぜひとも優勝したいです!
コメントありがとうございました!!

2016/09/06 (Tue) 08:49 | EDIT | REPLY |   

maimaim  

ありがとうございます

こんにちは。
先ほどオンデマンドで、教えていただいたパス回しのところの掛け声を確認しました。ありがとうございます。
テレビではよく聞こえなかったのですが、オンデマンドでは途中からよくわかりますね。楽しそう、行きたかったです。甲府戦は参戦予定なので、こんな風になったらいいなあ。
私は西野時代の攻撃特化型サッカーは、あまり評価していないのですが、やっぱり点はとれると楽しいし、嬉しいですね。スタジアムも大盛りあがりだったと思います。

ただ、昨日の失点はいただけない。広島の6失点に隠れがちですが、よろしくない失点の仕方だったと思います。よろしくないと言うか、3失点ともにガンバの弱さがもろに出ている、というか。またかよ、という感じ。健太監督に怒られて、修正してほしいですね。

井手口はやはり甘いなあ、と思う部分はあったものの、青山に完勝といってもいいのではないでしょうか。青山は今シーズン調子悪そうですね。でも昨シーズンのリーグMVPですし、井手口にとっては自信になるでしょう。

一昨年のナビスコ優勝は、ガンバ復活の象徴でした(昨年は知らん)。どうか今年も埼スタで至福の時を迎えられますように。

2016/09/06 (Tue) 16:13 | EDIT | REPLY |   

ガンバカ・くにきち  

Re: ありがとうございます

maimaimさん、こんにちは!
甲府行かれるんですね(´艸`*)
ぜひまたやって欲しいですね~!

おっしゃる通り行ってた人は特にですが、6得点の興奮の陰に隠れてますね(^^;
これは僕の思いなんですが、丹羽ちゃんが最近安定感に欠ける印象です。
3失点中の2失点では丹羽が止めて欲しかった。
ファウルは少しアンラッキー要素もありましたが皆川に競り負けたのは頂けなかったです。。。
金は前半8分頃だったか、青山が空けたスペースにしっかり縦パスをつけたりチカラが付いてるように感じてます。

井手口は前半とくに怪しかったです(;^ω^)
「いやいや、そこまで強くいかんでも~!!」みたいな…。
去年から青山とバチバチやってるので、本人も燃えるものがあるかも知れませんね!

ACLに繋がらないのが残念ですが、今年もタイトルを取ってほしいですし取れるものが頂きましょう!
埼スタ行かれる為に節約ですよね?
僕はとても行けないのでよろしくお願いします!!

2016/09/06 (Tue) 16:49 | EDIT | REPLY |   

コトリ  

はじめまして?

くにきちさん こんばんは。
こちらにコメントするのは、はじめてになります。

仰しゃる通り、プロレスサッカー久し振りに堪能させてもらいました。
西野ガンバでは、よくこんな展開になっていましたね(笑)。
そして、色んな方が言ってる様に後半のパスが回りに回ったあたりは、またまた西野ガンバを思い出してしまいました。
その中心でタクトを揮っていた遠藤は、流石の一言ですね。
下り坂な感じは否めませんが、実際にいなくなると考えるとゾッとしますね。
出来る限りガンバでプレーして欲しいですね。
あまり今回の試合には関係ないコメントになってしまいましたね。
それではまたお邪魔しました。

2016/09/06 (Tue) 23:00 | EDIT | REPLY |   

くにきち  

Re: はじめまして?

コトリさん!
はじめまして!
ぴなぽんさんのブログで見させてもらってたのでなぜか初めましての感じがしないですが(^^;;

いえいえ、関係ない事ないですよ!
この試合の遠藤は目立ちきる程ではないにしろ、恐ろしく正確でしたしね!
良くも悪くもやはりまだまだ中心はこの男ですね。

おっしゃる通り…
居なくなったらどうなるのか…第1戦のように倉田がまわしを担当するかも知れませんが、そうなっても遠藤とは比べるのは酷かもですね(笑)

ぜひぜひ!いつでもお越しください!!
コメント本当に嬉しかったです!!(●´ϖ`●)

2016/09/06 (Tue) 23:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment