fc2ブログ
13
2016  

ルヴァン杯決勝 ×浦和 マッチプレビュー 決勝前の井手口&アデミウソン

ルヴァン杯 決勝
ガンバ大阪浦和レッズ
10月15日 13:05 KICKOFF
決勝プレビュー表紙


みなさま、こんにちは。
今年の途中から名称変更された事で、
『3年連続決勝に進出したガンバ!初代ルヴァンカップ王者!』
3年連続なのに初代……(。´・ω・)?
という矛盾が16日のスポーツ新聞一面で、所狭しと躍る事を強く願っているくにきちです。


お相手は、三菱自動車から三菱重工へ…などなど、裏側は慌ただしく動く中でルヴァン杯の決勝に進出した浦和レッズ


ルヴァンカップにおいて(×神戸、×東京)のホーム&アウェイ、4連勝を含めて、
公式戦8連勝中の浦和
8連勝中の6戦目は、ウチが苦杯の飲まされた10月1日のリーグ戦でした。


散々、苦い思い出を植え付けていても、直近の1戦で評価がガラリとするのは勝ち負けの世界ではしょうがないですね。
ただ「2014年、CS、その他もろもろの勝ちはたまたま!」と言うレッズサポの気持ちもわかりますが、何も手にしてないのにそんな鼻を長くしててもいいのかい?
とも思う。


■攻撃は最大の防御


軽くジャブっぽく強がってみたものの…
今のレッズは冷静に見ても強いですよね。
純粋に強いです。

今のレッズの状態×今のガンバの状態10回戦ったら3回勝てるかどうかではないか…と、僕は思います。あくまで私感ですが。


興梠の1トップ。
その下に2シャドーの高木武藤
さらに両サイド共にドリブルで相手陣内に切り込める関根駒井


いやぁ…脅威


この脅威的な攻撃陣相手にどう対応するかですよね…。


10月1日の試合、ガンバはレッズを攻撃を「待って、受けて」しまいました。

興梠に、ボールを収めて2列目以下が上がってくるまでの時間を稼ぐ。
その仕事を幾度となくさせてしまった。

収める興梠①
<手前みそながら、1日の試合のマッチレビュー
『2nd・第13節 ×浦和 マッチレビュー 『時代』が来る事を願いたい。』より>


結果論ですが、「待って、受けて」その上で「返す」のは、浦和レッズ相手にはかなりの難易度でした。

同じ事していては、もちろん同じようにコテンパンにやられる可能性が高い。


そこでガンバには「待たない、受けない」、だから「返す必要もない」という「攻撃的な守備」をしてほしい。


具体的にどんな守備か、イメージしやすいように紹介。


<2nd 第10節 神戸vs浦和>
浦和が一番最近で負けた9試合前の試合です。

柏木がボールを持ち、この日の2シャドーの一角だったへパス。

浦和対策①

しかしそこを狙っていた神戸DFが見事にカット

浦和対策②

そのままダイレクトにレアンドロが受けて、更に外のペドロ・ジュニオールへ繋いでカウンター成立で得点。

浦和対策③

2枚目の画像のように2シャドーに入る縦パスに対し勇気を持って出る、そういう攻撃的な守備が浦和を攻略する上で重要になるんじゃないかと。


問題は……。
縦パスを受けるレッズ選手がではなく武藤高木なら、もう何mか下りて更に確実に受けられるように上下運動をこなしてくる辺りでしょうか…。

どこまで食いついていくのか……??

その辺りの決め事をしっかりしないと、ウチは自分達でフォーメーションを崩してしまって自滅する可能性もあるって事ですよね。


ちなみにこれ……ガンバは見事に浦和にやられてしまっていましたね。

ガンバ対策①

やられたらやり返すっ!!
倍がえsh……。

……スベりそうなので、やめときます。笑


■先制点を取った方チームの勝率は?

僕の友人が『解説者で「今日は先制点が重要になりますねぇ~」という奴は無能。センスがない!!』と、いつになく真剣に語っていた事を思い出しますが…。


この決勝戦…。


『先制点が重要になります。』


「…く、くにきち……お前もか…っっ!!!!」
ユリウス・カエサルのような声が聞こえてきそうですが、下記がその根拠。


J1・2014年3月1日 HOME 0-1 先制:レッズ 勝:レッズ 
J1・2014年11月22日 AWAY 0-2 先制:ガンバ 勝:ガンバ 
ゼロックス・2015年2月28日HOME扱い 2-0 先制:ガンバ 勝:ガンバ
J1・2015年5月2日 AWAY 1-0 先制:レッズ 勝:レッズ
J1・2015年10月17日 HOME 2-1 先制:ガンバ 勝:ガンバ
J1CS・2015年11月28日 AWAY 1-3 先制:ガンバ 勝:ガンバ
天皇杯決勝・2016年1月1日 AWAY扱い 1-2 先制:ガンバ 勝:ガンバ
J1・2016年6月15日 HOME 1-0 先制:ガンバ 勝:ガンバ
J1・2016年10月1日 AWAY 4-0 先制:レッズ 勝:レッズ


『先制 = 勝利』の試合が9試合も継続中


ただの偶然か…?
国内で強豪と呼ばれる両チームの意地がそうさせるのか…?


決勝戦、果たしてどちらのチームが先制点をあげるか、要注目といきましょう。


■まとめ


1日の試合は⑦遠藤㉑井手口コンビで2ボランチを形成し、見事にそこをつぶされた。
しかし後半初めに可能性を見せたように⑦遠藤がトップ下に入るフォーメーションを期待したい。

2ボランチには準決勝・横浜F・マリノス戦でのスタメン⑮今野・㉑井手口勇気を持って刈り取るコンビ
飛び出し過ぎて、入れ替わられてピンチを迎えるシーンもあると思うが、勝つためにリスクを負うのは仕方ないはず。

自分達でレッズを沈めてやるんだ!という気持ちが見たい!!!


■朗報①ニューヒーロー

井手口陽介
ルヴァンカップ・ニューヒーロー賞、受賞者
井手口 陽介


この決勝戦、㉑井手口には、より注目が集まると思いますが、同じくガンバで受賞した2007年・安田、2014年・宇佐美の時は共に優勝もしてます。


■朗報②完全体アデミウソン

完全移籍アデミウソン
保有権60%の移籍金3億で3年契約
アデミウソン


㉑井手口に続いていいニュースの連続。
保有権60%をガンバが持ち、残りの40%をレンタル元だったサンパウロが保有。
移籍金5億5000万円の60%である3億3000万をガンバが負担して成立。
実質、今後の移籍などの決定権などはガンバが持ちそうで事実上の”完全移籍”という形ですね。

来年の活躍などでトントン拍子で欧州に移籍などした場合、その移籍金も「60%:ガンバ 40%:サンパウロ」となると思われます。

①この早い時期に来年の主力を確保。
②監督の続投もほぼ決定。
③それによりチーム作りに沿った補強や育成をできる。


と、今シーズン前に来年以降を見据えた動きがあるのは好感をもてますね(´艸`*)



おっと…。
ルヴァンカップの決勝のプレビューのつもりが、数日に分けて書くと少しづつテンションが変わってきてしまいますね(笑)


いい雰囲気をそのまま土曜日の15時ごろまで持続させましょう!!
㉑井手口⑨アデミウソンの活躍で優勝を勝ち取って!!


ブログが良かったと思われた方[Ambition]バナーをクリックお願いします!!
<~ランキングに参加してます~>
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
他のサポのガンバブログもこちらから御覧になれます! ※コチラをポチっと拍手して頂けると嬉しいです。


※「feedly」の登録はコチラ。
follow us in feedly


※楽天ウィジェット。
関連記事~カテゴリ別~

 ナビスコ改めルヴァン杯 2016の戦い

2 Comments

BB  

No title

くにきちさん、こんばんは。

いよいよ明後日に迫って来ましたね~(^o^)/ ルヴァン杯決勝戦!!

プレビューに書いてあるように、G大阪対浦和がこれほど見事に先制した方が勝利しているとは、ある意味、感動です!

「待たない、受けない」だから「返す必要もない」 
これは今の浦和と戦うための名言の域に達している的を射たセリフだと思います。

15日の13時5分からはG大阪の勝利のためにしっかり応援させていただきます(^o^)v

のはずだったのですが、同時間帯にサガン鳥栖対アビスパ福岡のトレーニングマッチがベアスタで行われることが本日発表されました。

すいませんが、少しだけ時間をずらしてスカパーオンデマンドで必ず観てコメントをしますので、どうかお許しください! 
もちろん、G大阪の勝利を祈っています!!

2016/10/13 (Thu) 22:17 | EDIT | REPLY |   

ガンバカ・くにきち  

Re: No title

BBさん、おはようございます!

そうなんですよ!
なんでここまで凄まじい結果になったのかと(笑)
またこういうの観た途端に覆ったりして、それはそれで楽しめます(´艸`*)

名言だなんて、こそばゆくも大変嬉しいです!
狙って考えるとダサくなるので気を張らずにこれからも書きますね!!

TMなのに、そのカードなんですか!(;゚Д゚)
しかもベアスタ!!
今度こそ、BBさんに見てもらって恥ずかしくない試合をしてもらいたく思います!!

2016/10/14 (Fri) 09:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment