04
2017  

2017年 J1シーズン 年間順位予想その① 18位~10位

さて、かなり久しぶりの更新となりました。

お馴染みの方は、おはようございます。or こんにちは。or こんばんは。
お忘れの方は、どうもくにきちです。ぜひ駄文を読んで思い出して下さい。
お初の方は、初めましてくにきちと申します。これからぜひご贔屓に。

って事で今回はタイトルの通り、、、
【2017年 J1シーズン・年間順位予想その①18位~10位】
といきます。
※書いてるとけっこう長くなったので2回に分けます。※
  ↓↓↓↓その②はコチラ↓↓↓↓
【2017年 J1シーズン・年間順位予想その②9位~1位】

ご存知、パフォーム社との契約により賞金のアップなど、いわゆるDAZN効果の影響で各クラブかなり活発な選手獲得が行われましたね。
その中で、順位を選ぶ上での判断したものは以下。

[ 予想する上での基準 ]
・監督の交代は基本的にはマイナス。(今まで日本での経験などは考慮)
・「勝つ=勝ち点3」を取る攻撃力があるか、「引き分け=勝ち点1」をもぎ取る守備力があるか。
・昨年のサッカーを観た上での雑感。
・ACL出場組はチームの経験などを考慮。


他サポからしたら「?」な事も多いと思いますが、間違いなどあればいろいろ教えて頂けると幸いです。
では、予想!

■J1・シーズン年間順位予想……18位~10位


■18位・コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台から、金園とキム・ミンテを獲得したのはプラス。
2016年・J2で19得点の都倉の活躍次第の所はあるが………ちょっと実績の光る存在は少ない。
残留の道はかなり険しいと予想。
注目選手:都倉 賢
J2で得た安定感と嗅覚(コンサドーレ札幌ではリーグ111試合46得点)をJ1でも発揮してリベンジとなるかどうか…。


■17位・アルビレックス新潟
監督の交代がまずマイナス。しかも交代した監督が、J3で3位だった三浦監督。
更に選手層もWシルバを放出して、力強さはドドドマイナス。
穴埋めの為の加入選手も、30人以上という「数だけ」が増えた印象、まとめきれるかどうかは怪しい…。
注目選手:矢野 貴章
古巣への復帰。試合の内外で活躍の期待が大きい。SBよりもう一つ前の方が活きると思うけど…。


■16位・横浜F・マリノス
何から話そうか迷うぐらいに、他サポながらこのチームには色々な事を感じます(笑)
俊輔の移籍がチームへの不信感から来て、斎藤学もワガママを言った割には残留濃厚。(これを書いてる時点では練習生)
残った選手も、シティ・グループの言いなりになっているチームに疑心暗鬼なのでは?
……とりあえず、中澤を気持ちよく引退させてあげて欲しいと思います。
注目選手:中澤 佑二
マリノス最後の壁。この人が倒れたら試合の内外でもうこのチームは終わると思う。


■15位・清水エスパルス
何といっても大前、本田の超主力の移籍、過去にはアジア年間最優秀ユース選手賞も獲った有望株・石毛も移籍。
逆に戦力となりそうな加入はGK六反と野津田ぐらい。
昇格組としては、あまりに寂しくて「やる気ないんかな…」って感じるのが正直なところ(笑)
注目選手:金子 翔太
95年生まれの若手。
大前が怪我で離脱していた時もチョンテセと2トップで頑張ってて、天皇杯・ガンバ戦でも存在感を感じた選手。


■14位・ベガルタ仙台
攻守にガッポリ穴が空いたベガルタ。
まずは「2016年・自陣の空中戦勝率No.1」のDF渡部の移籍と、日本代表経験もあるGK六反の移籍。
前線もハモン・ロペスにウィルソンが移籍と選手層はかなり薄くなった。
対する加入は平山や石原、個人的に注目してた川崎の中野など、Jでの経験は買えるが、計算が立つかあやしい。
レンタルで獲得したブラジル人FW・クリスランの活躍次第で順位が入れ替わりそう…。
注目選手:クリスラン
186cmの長身で左利き、リャンのセットプレーから得点を獲れるプレーが出来れば勝ち点を稼げそう?


■13位・ヴァンフォーレ甲府
GK河田の残留、ドゥドゥの残留、ベガルタからウィルソンの獲得など補強としては良いと思うが、やっぱり懸念は監督交代に関してで、柏レイソルでもアルビレックス新潟でも成績としてはイマイチと言わざるを得ない吉田監督。
レイソルでは大谷がいて、アルビではレオ・シルバがいて、何とか保てていたと思う吉田イズム。
甲府でこの2人のような活躍できる選手を育てられるかがカギかな…。
注目選手:小椋 祥平
個人的にガンバ選手の中でもかなり好きだった選手なので、甲府入りのニュースは嬉しいかぎり!
開幕戦、吹田スタジアムで立ってほしい!(開幕カードはガンバ大阪×ヴァンフォーレ甲府)


■12位・ジュビロ磐田
スポーツニュース以外でも取り上げられ、世界的にも名前が売れたジュビロ磐田。
それぐらい中村俊輔の加入は一気にチームの士気を高めるモノがあった。
しかし、昨年14得点を獲ったジェイが退団し、その代わりが名古屋から移籍の川又というのはスケールダウン。
決めきれずに取りこぼす試合が多くなるとしんどいか…。
注目選手:中村 俊輔
「サッカーに集中したい」と移籍を決めた俊輔。個人的にも名波と並ぶ姿にグッとくるが、この人の左脚にかかる期待は、どのチームに所属していても大きい。


■11位・セレッソ大阪
韓国代表GKキム・ジンヒョンの残留、ソウザの完全移籍獲得などJ2・4位のメンバーがほぼ残った形。
そして、何より清武の復帰でチームは活気付くと思うが、上位進出は厳しいと予想。
清武の復帰よりもユン・ジョンファン監督の就任が不気味ではあるが、結局のところフィニッシャーの不在が尾を引く試合が多くなると思う。
注目選手:柿谷 曜一朗
清武の復帰で一番助かるのは、おそらくこの柿谷。
2013年のシーズン21ゴールの時のように前で仕事が出来るのはプラスだと思うが、柿谷本人にその元気があるかどうか…。


■10位・大宮アルディージャ
家長・泉澤とチームの両翼が移籍。大前や茨田、長谷川アーリアなどが加入したが、2人の代わりというよりはイチからチーム方針も含めて立て直しが必要と予想。
渋谷監督が昨年・年間5位まで持ってきた手腕を、どこまで発揮するか…。
注目選手:江坂 任
2016年は家長の11ゴールに次いでチーム2位の8ゴール。
小柄ながら高い身体能力を持ってヘディングも強い。大前と共にゴールへの期待度は高い。



下位選びは自分の中で、そこまで迷わず…。
名波監督も中村俊輔もめっちゃ好きなんで、ジュビロにはもう少し頑張って欲しい気持ちがありますが、チーム力的にはやっぱり半分より下の順位になるんじゃないかな~。

実際にリーグが始まって、下位に位置してしまいそうなチームは、上位陣と戦う時の戦い方が、去年までとは変わってくると思います。
「あわよくば」勝ち点3を狙っていた戦いから、「何が何でも」勝ち点1を取る戦いが多くなりそう。

それぐらい補強に動きまくった上位陣とは差があるとみてます。

……その②へつづく。


ブログが良かったと思われた方、[勝]バナーをクリックお願いします!!
<~ランキングに参加してます~>
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
他のサポのガンバブログもこちらから御覧になれます! ※コチラをポチっと拍手して頂けると嬉しいです。


※「feedly」の登録はコチラ。
follow us in feedly


※楽天ウィジェット。
関連記事~カテゴリ別~

 順位予想

1 Comments

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2017/03/31 (Fri) 18:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment