10
2017  

ACL・2017 グループHの相手はこんな感じ。

やっぱりガンバの勝利が何よりの活力になる。
そんなガンバサポも多いのでしょう。

他のチームの試合も始まって、はやくサッカー界が盛り上がればなぁと思います。

こないだ書いた、プレーオフについての記事が、かなりのアクセスを頂きました。
いつも観に来てくれる方も、初めての方もほんまありがとうございます。
おかげさまで僕自身も、楽しくサッカーと向き合える事が出来てます。
ほんまに感謝です。

アデミウソンから始まったシーズン

さて、7日のプレーオフの勝利で決まったACL本戦。
同じグループHに入る相手は…
江蘇蘇寧(中国)
アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)
済州ユナイテッド(韓国)
となります。


名前は聞いたことあるけど、あんまりよく知らないチームもいるので出来る範囲で調べてみました。


■江蘇蘇寧(こうそそねい)…中国


江蘇蘇寧ロゴ

ACLには今年で3度目の出場も、2013年、2016年共にグループリーグ3位で敗退。
・2013年出場時:ベガルタ仙台に対して1勝1分の勝ち越し。
・2016年出場時:FC東京に対して1分1敗で負け越し。

チームの歴史も1994年設立し、中国1部に昇格したのも2009年と歴史としては浅い。
しかし、ご存知の通り中国バブルでブラジル代表など名選手は在籍。

・ラミレス(29歳)
南アフリカW杯ブラジル代表で、プレミアリーグの強豪・チェルシーで5年半の在籍の間、リーグ制覇とチャンピオンズリーグ制覇に貢献する活躍を見せ、2016年江蘇蘇寧に移籍。
チームにも慣れてきた今年はさらに脅威となりえる。

・ロヘル・マルティネス(22歳)
期待の若手FWで、コパ・アメリカにて背番号9番をつけてコロンビア代表デビュー。
江蘇蘇寧では12試合10得点と攻撃を牽引。

・アレックス・テイシェイラ(27歳)
ブラジル代表としてはU-17など、下の年代での経験しかないものの、ウクライナの強豪・シャフタール時代はビッグクラブから感心が寄せられた選手。
2016年初めに江蘇蘇寧へ移籍。


■アデレード・ユナイテッド…オーストラリア


アデレードロゴ
ACLには今年で5度目の出場。
・2007年出場時:グループリーグ敗退。
・2008年出場時:ACL決勝まで進み、ガンバと対戦もホーム&アウェイ共にガンバの勝利
加えて同年のクラブW杯でもガンバと対戦、その時もガンバの勝利
・2010年出場時:グループリーグ突破したものの、ベスト16で敗退。
・2012年出場時:グループリーグで再びガンバと対戦、ガンバの2連敗
通算成績は「ガンバ3勝 - 2勝アデレード」


現在の監督が、元スペイン代表で、FCバルセロナの歴代出場記録で上位に位置しているギジェルモ・アモール。
2015-2016シーズンではオーストラリアリーグ『Aリーグ』で優勝を飾り、このACLへの出場権を獲得。
観ての通り、ACLでの経験は、かなりのものなので侮れないなぁ……。

と、思ったら…

2016-2017シーズンの順位を観てみると…。
全10チーム中10位……最下位。
Aリーグに2部への降格がない(らしい)ので、単純にやる気なくて手を抜いてるんかな?笑


■済州ユナイテッド…韓国


済州ユナイテッド

ACLには今年で2回目。
・2011年出場時:グループリーグでガンバと対戦。1勝1分ながらグループリーグ3位で敗退。ちなみにガンバは首位通過。


今回の出場は、前回ACL王者・全北現代が審判買収事件により出場停止になった事による繰り上げ出場。
正直、全北現代よりは勝てる可能性が高いと思うのでガンバとしては助かる。
Kリーグでの優勝経験もあるが、20年以上前の話で、近年は中位に収まってますね。

チームのプレースタイルなどがあまり分からなかったんですが(知ってる方教えて下さい)、柏レイソルやロアッソ熊本にいたクォン・ハンジンなどJリーグ経験者も在籍してるみたい。
ちなみに元ガンバのイ・グノも在籍していたが、2017年から江原FCへ移籍した模様です。


■国別の対戦成績


ACLを無敗優勝し、アウェイでも強さを発揮して『海外チームに強い』と言われていたガンバ。
しかし、最近はその印象が少し薄れてるように感じてます…。
去年の惨敗の印象が大きいだけかも知れませんけど。

「じゃあ、実際に国別の戦績ってどうなんやろ…?(。´・ω・)?」

と、思って調べたらすぐ載ってました。
※いつもお世話になってます。Soccer D.B様

×中国クラブチーム 5勝3分6敗 … 勝率36%
×韓国クラブチーム 8勝5分8敗 … 勝率38%
×豪州クラブチーム 6勝2分3敗 … 勝率55%


思ったよりも勝ててなかった…。
やけど、初戦で相性の良いオーストラリアのチームとやれる事は大きなプラスかも知れません。


■まとめ


江蘇蘇寧に関しては、怖い選手も多いし、何よりラフプレイヤー集団の中国ですから、いろんな意味で注意が必要です。
去年のFC東京戦でも中国のヤツが、武藤敬司ばりの低空ドロップキックを水沼にかましてましたしね。
ただ、同じ日本のFC東京でも闘えた相手なんですから、ガンバにも勝ってもらいたい。

アデレード・Uに関しては、何度かやってる分、なんとなく好相性な雰囲気。
そして、いくら何でも自リーグ最下位の相手にボロ負けを喰らうって可能性は低いと思うので、失点しても体格を生かされて押し込まれる1失点とかかな…と。

済州ユナイテッドは、一番よく分からなかったです。
ネームバリューや実績だけ見ると、このグループでは見劣りするけども、、、
コートジボワールの英雄・ドログバにオファーを出してるとか何とか…。
イングランド・プレミアリーグでも得点王を2回獲得するなどの名選手。
ほんまに加入する事になったら、これは大きな脅威…。

ブラジルW杯で日本と対戦した時も、この選手1人に負けたと言えるぐらいの脅威をみせられ、
更には自国の内戦を止めるほどのカリスマ性を持った選手なので、観たい気持ちもあるけど……
やっぱり対戦したくない!!


どのチームが勝ち上がってもおかしくなさそうなグループH。
初戦のアウェイ・アデレード戦で勝ち点を獲得して、勢いを持って帰ってきて欲しいですね。

その為に、プレーオフで得点を決めた②三浦を初め、攻守において③ファビオ⑤丹羽⑥金のDF陣4人の働きは、大きく勝敗に関わるかも知れません。


そういえば……
ドウグラスの話はドウナッタ?(。´・ω・)?



ブログが良かったと思われた方、[勝]バナーをクリックお願いします!!
<~ランキングに参加してます~>
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
他のサポのガンバブログもこちらから御覧になれます! ※コチラをポチっと拍手して頂けると嬉しいです。


※「feedly」の登録はコチラ。
follow us in feedly


※楽天ウィジェット。
関連記事~カテゴリ別~

 ACL 2017の戦い

0 Comments

Leave a comment