19
2017  

筑波大学とガンバの深い縁。それと筑波大学×アビスパ福岡を(今更)観て感想。

暑い……。
他にもっと暑い地域はありますが、大阪もけっこう暑い。

暑い中ですが、浦和レッズがドルトムントと試合をしたりセレッソ大阪がセビージャと試合をしたり、
クソ以下のアホな女がTwitterで「遊ぼぉ~♪」って呼びかけて、それに反応した人らと火遊びしたり(笑)
なんか色々あった中断期間ですが、

僕は火遊びにも参加せず、スカパーで再放送していた天皇杯3回戦『筑波大×アビスパ福岡』を観戦。
そこから、筑波大とガンバの関係について書いておこうかなと思います。


■一体感がスゴイ…。

僕は天皇杯など力量差がある試合を観る時、いつもの試合より注目してみる部分があります。

・集中力高く攻守の切り替えで負けない。
・イーブンボールに対して出足の早さでは負けない。
・そして攻守に人数をかける為にも相手より走る。


普段のリーグ戦を観る時も重要視しますが、
下位チームが上位チームに勝つ為には、これらの要素で負けない事が大前提だと思っているので、いつもより一層注目してます。


筑波大とアビスパ福岡との試合は、結論から言うと……
筑波大は勝って当然の内容だったと思います。

上に挙げた要素のどの部分でも筑波大は優っていたと感じました。

=前半=
過密日程の筑波大ですが、攻守の切り替えでしっかり人数をかけて、出足の早さと共に当たり負けせずにアビスパを圧倒。
アビスパが最終ラインでボールを回す時には、ボランチに対しても必ず筑波大が当たるし、サイドに入っても同じく筑波大が当たる。

15人ぐらいおるんちゃうか…と思うほどの運動量の筑波大。


アビスパ選手がスローインを受けに行くシーン。

筑波福岡_狙い撃ち①

受けに行ったアビスパ選手にプレッシャーをかけに筑波大選手が走るが、
スピードは少し緩めに近づき……

筑波福岡_狙い撃ち②

トラップした瞬間を狙い、ボールを奪う
お手本のような守備ですね。
アビスパは何度もやられすぎな気もしますけど(笑)


ゲームを支配する筑波大の中で気になった選手。
ジュビロ磐田に内定済みの筑波大・背番号11中野選手は、裏への飛び出し両サイドに抜けてのキープ力などとてもいい選手ですが、背番号25西澤選手も気になりました。
ポジション的には左サイドハーフですかね。

攻撃に回るときは1トップの中野選手の近くまで上がるし、守備の時はしっかりアビスパ選手とスペースを把握して対応。
気の利く選手やな…と思いました。


画像の右から左へ攻めるアビスパ福岡が、左サイドに選手を集めて、ドリブルから右サイドへの展開を狙うシーン。

筑波福岡_西澤選手①

スペースの確認と、アビスパの中村が上がるタイミングをしっかり観る筑波・西澤選手

筑波福岡_西澤選手②

しっかりアビスパ・中村の上がりに合わせて守備に戻り、DF陣をフォロー。
この戻りがなければ…筑波大のSBが対応に追われ、最終ラインは広げられていたと思います。
この戻りがあったから…筑波大の守備陣は、ペナルティエリアの大事な部分をしっかり守る態勢が出来たと思います。


前半の45分はこんな感じで筑波大のペース。
枠内シュート自体は少ないが、しっかりシュートまで行って攻撃を終えて、相手のゴールキックの間に戻って守る態勢を整えて、アビスパ攻撃に対応してマイボールへ。

攻守意識の一体感が、筑波大は抜群に良かった。


=後半=
さすがにJ2上位のアビスパ福岡は、しっかり気持ちを入れ替えて攻勢に。
前半とはうって変わってドンドン攻撃に出て、積極的に筑波大ゴールへ迫るが、筑波大の守りの前に得点する事ができない。

最後の所でミスが多かったですね…。
そしてそのミスに対する反応が悪すぎる…。

対する筑波大は、耐える時間の中でも得点を狙い、少しでもアビスパCBの間にスペースがあればスルーパスを出してエース中野がアビスパゴールを何度も脅かす。


そして69分。
注目の西澤選手からエース中野がテクニカルなヘディングシュートで先制。

その10分後。
右サイド浅岡選手のクロスに再びエース中野
「足で行ったらミスりそうだったので、面の大きい頭を選択しました!」中野


筑波大の勢いに飲まれたアビスパは、89分に1点を返す意地を見せるも、2-1で筑波大に軍配が上がる。


■ドラマチックなベスト16となるか…?


結果を知った上で観ているので、筑波大が良いプレーをしていた事は知ってました。
その色眼鏡をかけて観ても、筑波大の一体感と常に前を意識してボールを繋ぐ姿は力強いなぁ~と感心させられました。


天皇杯ベスト16に勝ち進んだガンバ大阪とも、次回対戦で戦う可能性もあります。(8月7日に対戦カードを抽選で決定)


もしガンバとの試合となれば、、、、
かなりドラマチックな試合になります。



筑波大の監督は、自身も同大学OBの小井土正亮さん
コアなガンバサポならご存知かと思いますが、2013年…ガンバがJ2にいた年に、同じく筑波大OB長谷川監督とともに来て、アシスタントコーチをしていた方です。
ガンバをJ2優勝とJ1昇格へ導き、昇格即三冠の礎を築いてくれたコーチ陣の1人。
それ以前、2005年から2010年にも長谷川監督と共に清水エスパルスで師弟関係でした。

筑波大OBの長谷川監督小井土監督…。
この2人の関係だけでも十分ドラマではありますが…、
プラスしてもう一人、現ガンバでテクニカルコーチを務める大島琢コーチ

小井土さんが筑波大の監督になる為にガンバを離れる際、推薦したコーチが…
同じく筑波大OBでサガン鳥栖のテクニカルコーチをしていた大島コーチ

その大島コーチが就任した2014年は、『昇格即三冠』を成し遂げた歴史的な1年となりました。


長谷川監督、、、小井土監督、、、そして大島コーチ
筑波大学は、今のガンバ大阪とはかなり縁の深い大学という事になりますね。
(ちなみに現ガンバのヘッドコーチ和田一郎さんは筑波大学「院」の出身)


まだ対戦するかどうかは分かりませんが、小井土監督「ガンバと試合したい」とおっしゃってるようですね。


筑波に勝ちを譲ってドラマチックさに華を添えるわけにはいかないので、試合する事が決まれば、大島コーチ小井土筑波のサッカーをしっかり分析してもらい、負かす事で成長した姿を見せてもらいましょう。


以下、『TSUKUBA WAY』という筑波大OB&OGの活躍を集めたインタビューコラムサイトより。
凄く良いインタビューばかりなのでぜひ一読を。

長谷川監督
長谷川監督のTSUKUBA WAY ⇒ 「負けたくない」、「悔しい」という思いが原動力に

小井戸さん
小井土監督のTSUKUBA WAY ⇒ サッカー界の隅々で活躍できる人材を育てたい

大島琢
大島コーチのTSUKUBA WAY ⇒ 「同級生には負けられない」との気持ちで自分を高める


ブログが良かったと感じた方は、
[勝]バナーをクリックお願いします!!

<~ランキングに参加してます~>
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
他のサポのガンバブログもこちらから御覧になれます! ※コチラをポチっと拍手して頂けると嬉しいです。


※「feedly」の登録はコチラ。
follow us in feedly


※楽天ウィジェット。
関連記事~カテゴリ別~

 サッカー(ガンバ)

2 Comments

BB  

後輩に敗れた井原監督はさぞ悔しかったでしょう

くにきちさん、こんばんは。

筑波大とアビスパ福岡の試合を分析していただきありがとうございます。

ご存知のように同日鳥栖も松本に苦杯を舐めましたが、福岡が筑波大に負けたことで少し溜飲が下がったという、何ともいびつな精神構造になっています。

2得点を決めた中野選手(磐田に内定)が注目されていますが、彼を活かすセカンドプレイヤーが必ず筑波大の中にはいるはずです。
そうでなければサッカーは成立しません!!

天皇杯の3回戦レベルは、なかなかTVプログラムで観ることができないので、メインのプレイヤーを輝かせるセカンドプレイヤーを探す(見つける)ことも楽しみではありますね!

その意味で言えば、先日あったびわこ成蹊スポーツ大学とサガン鳥栖のTMでもびわこ成蹊スポーツ大学の13番と17番は注目に値する選手だったと思います。
でも・・・、名前が分かりません(>_<)

今週末からリーグ戦が再開されます。
パトリック選手、丹羽選手、ネイサン・バーンズ選手など、いろいろと補強した新監督のヤン・ヨンソン監督との広島との戦いです!
鬼門Eスタですが、絶対に勝ちます!!

大阪ダービー、負けたらダメですよ!
桜をこのまま首位で走らせたらいけません!!

2017/07/27 (Thu) 20:04 | EDIT | REPLY |   

くにきち  

Re: 後輩に敗れた井原監督はさぞ悔しかったでしょう

BBさん、おはようございます!

悔しい井原監督の報道ばかりで鳥栖さんの負けの部分は注目されにくかったかも知れませんね…。

確かに「縁の下の力持ち」を見つけるのはサッカー観戦において快感ですね!
びわこ成蹊スポーツ大学のお話しですが、ちょっと調べてみました。
TMの時のスタメンは情報がなかったですが、天皇杯1回戦や関西リーグのスタメンを見る限り「13番:加藤 徹也」「17番:熊田 克斗」かな~と思います!

サンフレッチェ広島はルヴァン杯のプレーオフでは4バックだったみたいですね。。。
本当にこれから4バックでいくつもりで試したのか、リーグ戦では3バックに戻して本領発揮するために情報を見せない戦いをしたのか…。
鳥栖のコーチ陣は分析など大変そうですね。

大阪ダービー、勝ちます!
この勝利はこれからのリーグの盛り上げ、ガンバ自身の逆襲、いろんな意味があると思うので!
現在首位にいる以上、「STOP THE セレッソ」はやり遂げます!!

2017/07/28 (Fri) 08:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment