FC2ブログ
31
2017  

J1第19節 ×セレッソ大阪(H) 大阪ダービー、J1に大阪チームはただ一つ!!

J1 2017 第19節
ガンバ大阪 3 - 1 セレッソ大阪
J1に、大阪は1チーム!

俺たちが大阪さ!


とうとうやってきた大阪ダービー。

勝利への期待と…
期待と期待に胸がワクワク。

試合開始前から、サポ仲間と共に1杯やりつつテンションを上げて、バスを待つ多くのサポーターと共にボルテージを上げる。



■前半


<スタメン>
大阪ダービースタメン

スタメンはケガが心配された②三浦もスタメン、持病の腰痛で少し療養していた⑩倉田もスタメン。
そして、注目の2トップは⑳長沢⑪ファンウィジョ


試合開始早々から、パスを前に出し、積極的にゴールを狙うガンバ。
セレッソもソウザから杉本など、ゴールを意識。

お互いに勝つ為のゴールを狙う姿勢に、熱戦の予感を感じる立ち上がりでした。


セレッソの攻撃で怖いのは、『切り替えの速さからの多人数攻撃』というシンプルな攻撃。
なので、ガンバとして注意したいのは「ガンバが攻撃に人数を割いて、ボールを奪われた後」という事になる。
この試合、まずはその部分で主導権がどちらにあったか……??


<2人で広範囲をカバーするガンバ>
ガンバが、セレッソゴールライン際でのスローインからボールを奪われ、カウンターを喰らいそうなシーン。

先ずは⑧井手口が山口の縦を切って遅らせる。
たまらず山口は、真ん中の杉本へパス。

縦の攻防①

パスを受けた杉本に対して②三浦が最終ラインから飛び出してアタック。
これでまた縦への攻撃を遅らせる。

縦の攻防②

この一連の動きで、セレッソが行きたい縦方向をしっかり切ったおかげで、アタッキングサード(ガンバゴール前ペナルティエリア付近)にセレッソが入った頃にはガンバ選手は戻る事が出来て守備が整う。

縦の攻防③

「相手の守備が整う前に攻撃をやりきる速さ」がウリのセレッソの、速さを抑えたガンバ中盤の連動性は、試合の流れを掴む意味ではかなり大きかった。


もう一つ。
マッチプレビューでも書いた通り、注目は両チームのボランチ
ガンバもセレッソも、その日のボランチの質が試合の結果に大きく作用するチームだと思います。
そのボランチ対決でもガンバは勝っていた。

⑧井手口⑮今野の速いチェック〉
最終ラインでボールを持つセレッソDFが、ボランチの山口にボールを出そうするシーン。

ボランチへのプレス①

山口にボールが出された瞬間、⑮今野の猛プレス。
もう一方のセレッソボランチ・ソウザへのコースは⑧井手口が猛プレスで切る。

ボランチへのプレス②

山口からボールを戻されたDFは、前に大きくクリアしてボールはガンバのモノとなる。
見直してみると分かるが、⑮今野⑧井手口はこの強烈なプレッシャーを、ほぼ同時の動き出しで行ってます。
「どこを潰せばセレッソが嫌がるか」しっかりお互いが理解した動きは心強かった。

また、⑧井手口⑮今野が行けない時は、センターライン付近でも、またもや②三浦が飛び出してきてプレス。

ボランチへのプレス③

「相手の守備が整う前に攻撃をやりきる速さ」がウリのセレッソの、好きにさせなかった事は試合の流れを掴む意味ではかなり大きかった。(2回目)

⑧井手口は、ソウザと1対1で負けるシーンが少なく……というかほぼなかったかも?ぐらいの大活躍。
ガンバのボランチで、一番手は⑧井手口で間違いないでしょうね。
これにゲームを作るチカラが備われば……日本では狭すぎる選手になれそう。


という具合に、僕の眼には、ガンバがセレッソの攻撃の芽を摘む守備が出来ていたように感じました。

逆に、攻撃面では物足りなさがありましたね。
ゴールに向かう姿勢は感じても、なかなか大チャンスを作る程にはならない。
そこはセレッソが、上手くガンバの攻撃の芽を摘んでたような感じ…。


<㉕藤本サイドへの徹底攻撃>
セレッソは攻撃時、執拗にガンバの右サイド㉕藤本の方へボールを持っていき攻撃を組み立てるシーンが多く映る。

セレッソでいうと左サイドに柿谷がいて、丸橋がいるので強みという事もあるかも知れないが、㉕藤本を守勢に回らせる事も考えてそう…。

㉕藤本が、パス一本でゴールを演出出来る位置にいる怖さは、惜しくもオフサイドになった⑪ファンウィジョへのスルーパスでも分かると思う。セレッソとしてもあぁいうプレーは怖いはず。
しかし、そういうポジションよりも下がった位置にいる場合……㉕藤本の良さは半減…いや、もっと減るかも知れない…。

※画像が暗いのはお許しを…。
藤本が守勢にまわる。

ガンバの右を攻めて、㉕藤本を守勢にまわすことは、セレッソにとっては一石二鳥以上のメリットがあるんでしょう。

まぁ、、、㉕藤本本人に、ミスが多くて関係なくブレーキになるシーンも多かったけども…。笑




■後半


㉕藤本のいる右サイドのケアの為か、⑮今野がボランチの右に入る。(前半は右のボランチが⑧井手口

後半_今野が右ボランチ


カウンターから⑪ファンウィジョがボールを収めて⑩倉田のカットインのシュートや、⑧井手口のミドルなどガンバも左サイドを中心にゴール裏のサポーターに向けて得点を狙いに行くが…


ミスを連続でしてしまったのはガンバ大阪。


セレッソGKからのゴールキックで放たれたボールは、あれよあれよとガンバゴール前へ……
そして、、、杉本に決められ失点
失点はかなりお粗末で情けないものでしたし、試合としては追いかけるという難しい展開でしたが、不思議と「勝つ気しかしなかった」です…試合開始前からそうでしたけど(笑)


ガンバ選手達は㉕藤本にボールを渡し、ラストパスを期待するが、当の㉕藤本はキレが悪くなかなか合わない…。
ベンチではその㉕藤本に代わる為に⑨アデミウソンが準備する中。

迎えた後半20分。
⑩倉田のスルーパスに"犬"の④藤春がダッシュ!
いつもはバックパスしそうなシーンでしっかりクロスを上げて……
それに合わせたのは⑪ファンウィジョ!!

ガンバ同点!!

④藤春のピンポイントクロスに、ゼロ距離からの強いヘディング!!
前半でかなりバテ気味に見えた⑪ファンウィジョでしたが、可能性を感じさせるプレーも多く、長谷川監督もよく我慢して残してました!

そして決めた⑪ファンウィジョは…
ここから更に存在感が増す!!!


㉕藤本に変わって⑨アデミウソン
これでガンバ選手のポジションはこう変化。

大阪ダービー後半アデ投入後

⑨アデミウソンをサイドで使うのは贅沢な気もしますが、ボールを運べる存在が⑩倉田と合わせて両サイドにいる事は、相手にとってかなり脅威。


⑳長沢⑧井手口は、ボールを持てば可能性を感じさせる⑪ファンウィジョへボールを渡す。
その⑪ファンウィジョは、ボールが来てない時には膝に手を当てて疲れた様子を見せるが、いざボールが来たら…

自分でカットインしてシュートを打つし!
68分には⑧井手口からのスルーパスに裏抜けするし!
3人を引きつけて⑨アデミウソンにパス出しするし!


ペナルティーエリア付近で得点への意識をビンビン放つ。
……ガンバに足りなかったピースが、すっぽりハマったような感覚にサブイボの連続でした。


そして迎えた後半76分。
またもや⑪ファンウィジョの頑張りで得たコーナーキック。
⑧井手口の速いボールに合わせたのは、、、②三浦ー!!!

逆転逆転逆転!!!
②三浦をずっとフリーにしてる時点で勝負あり!

セレッソがノーマークの三浦

②三浦が飛び込んだ先では、杉本が⑨アデミウソンを飛ばさないよう背中を押す事に意識が行き過ぎて②三浦を確認せず。


吹田スタジアムの逆転劇に、ゴール裏を初めスタジアムの熱気は、セレッソのパスミスを誘い…こぼれ球もガンバの足元へ転がるなど、選手を後押し!

後半36分には、また朗報。
⑪ファンウィジョに代わって入ったのはケガから復帰の⑭米倉
これで⑨アデミウソンが前線へ、⑩倉田は再び左サイドへ。
⑭米倉はサイドバックではなくサイドハーフとして出場。

大阪ダービー後半米倉投入後

サッカーキングの長谷川監督インタビューで、⑭米倉への期待を口にしてたのを証明するようにこの大阪ダービーで起用。

⑭米倉が前目のポジション…!楽しみ!」と心躍ってたら、その5分後には足のつった㉒オジェソクに代わって⑥金が入り、試合を終わらせにかかる3バック(5バック気味)

しかし、守るばかりでなくトドメの3点目を決めたガンバ!


後半41分。
①東口のパンチングから、⑨アデミウソンの独走!
ま・さ・かのキーパーとの1対1を外すが、⑧井手口を初め、この時間でもフォローに人数をかけたガンバ!!

キーパーの弾いたボールはソウザに渡るが、そのソウザからボールを奪ってボランチ対決に完全勝利の⑧井手口
そのまましゃがみ込んでシュートコースを空ける⑧井手口
最後まで怪物でした。


勝負を決する3点目を決めて……
スコアはこのまま試合終了!!





■⑪ファン・ウィジョの本領発揮はこれから!!


得たモノが相当あった1勝!

首位相手の勝利でリーグ順位は一気に3位へアップした事、超満員の中での勝利で初のダービーを経験したサポーターの心も掴んだ事でしょう。
そして何より……ガンバに足りなかった戦力の融合!

僕だけではなく、多くの方もブログや記事で書いてるように、「前への意識がもたらすもの」のデカさがどれ程のものか…⑪ファンウィジョのおかげで「見える化」したと思う。


ヘディングでの力強いゴール。
ボールキープからセットプレーの獲得。
空中戦の強さ。



どれも素晴らしい活躍でした。
でも、彼の本当の良さはラインブレイカー(最終ラインへの裏抜け)としての能力じゃないかと思う。


〈裏抜けを狙う準備運動、サイドステップを行う⑪ファンウィジョ。〉
⑨アデミウソンがボールを持ちドリブル、⑪ファンウィジョの傍にはセレッソDF。

ファンウィジョのラインブレイク①

そのままボールをもらって時間を作る事も出来ると思うが、⑪ファンウィジョはサイドステップでセレッソDFと距離を開ける。

ファンウィジョのラインブレイク②

この動きの狙いとしては、離れたDFとの間にスルーパスを通して、裏に抜けてゴールを狙うということ。

ファンウィジョのラインブレイク③

こういうのを狙った動きを、⑪ファンウィジョ前半から恐ろしい回数試みてます

DAZNでの見直した時はあまり映ってなかったんですが、試合開始からやり続け、画像のように深い時間でもやり続ける。
⑪ファンウィジョへの理解が深まれば、ガンバでもっともっと活躍出来ると確信しました。
⑬呉屋53赤崎は、心中穏やかではないと思うが、チームの活性化には繋がる。


次のヴァンフォーレ甲府戦(8月5日アウェイ)もしっかり勝ち、この試合と同じぐらいチケットが売れてるというお盆休みのジュビロ磐田に勝ち、リーグをドンドン牽引したいですね。

最後に、プロジェクションナイトでの【ガンバ・クラップ】を。

最高の応援、お疲れ様でした!!!


「俺たちが大阪さ!」と言う方は、
[勝]バナーをクリックお願いします!!

<~ランキングに参加してます~>
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
他のサポのガンバブログもこちらから御覧になれます! ※コチラをポチっと拍手して頂けると嬉しいです。


※「feedly」の登録はコチラ。
follow us in feedly


※楽天ウィジェット。
関連記事~カテゴリ別~

 J1 2017の戦い

6 Comments

BB  

くにきちさん、こんばんは。

土曜日だったのでDAZNでしっかり観戦させていただきました。

先制されたときは「これは厳しくなるかな~」と思っていましたが、まったくの杞憂に終わりました。

攻めるときの圧力って言うんですかね~。迫力って言うんですかね~。
それがギヤが上がっていくのが画面から伝わるほど凄かったです!!

守備から攻撃に転じる美しさがこの試合のガンバにはありました。

あんまり具体的なコメントでなくて申し訳ありませんが、要するに感動を覚えるほどの試合だったということです。

2017/07/31 (Mon) 21:39 | EDIT | REPLY |   

イトロ  

くにきちさん、こんばんは〜 そしてお疲れ様でした。
勝つ気しかしませんね〜といった笑顔のくにきちさんの顔を思い出して、ニヤッとしてしまいます。ハーフタイムに淳吾さんの動きが悪いと早速ツイートしてるのをみて、流石やなあと思ってしまいました😀
どのゴールも良かったのですが、ウィジョは今までにいたFWとは違う感じがするので楽しみですね。
プロレスから、バラエティ、ドラマとネタが豊富なツイート楽しみにしております👍
もちろん、ブログもですが😄
あとミスチルネタで言うと、僕はエソラのイントロ聞くと、盛り上がります🎉
それでは、またお会いできるのを楽しみにしております。

2017/08/01 (Tue) 00:05 | EDIT | REPLY |   

くにきち  

Re: タイトルなし

BBさん、おはようございます!

先制がアホみたいな取られ方でしたからね(笑)
すぐさま声を上げたゴール裏の声援で少しは前を向けたかな…なんて思ってます!

いやいや具体的でなくても同じ思いです!
迫力のある攻撃は多かったです!
特に一度弾かれた後、2次攻撃にいけてるのが3点目のような形で取れましたし(´艸`*)

勝負所はまだまだ続きます、次の甲府、ジュビロと勝ちしっかり3連勝したいです!

2017/08/01 (Tue) 08:33 | EDIT | REPLY |   

くにきち  

Re: タイトルなし

イトロさん、おはようございます!
ツイートしたかな…と確認しました!してましたね(笑)

久々にTHE・FWって感じですね(´艸`*)
スタジアムで注目する方が彼は面白いかも知れません…オフザボールで凄く動いてますもんね!

多趣味ゆえに荒らしまくってる事もあると思いますが、楽しんで頂けているなら良かったです!
ほほ~エソラとは良い所を突いてきますね!(なぜ上から…。)
明るくハッピーな曲で僕も好きです!

こちらこそ、またぜひご一緒に!!

2017/08/01 (Tue) 08:40 | EDIT | REPLY |   

ぴなぽん  

くにきちさん、こんにちは!

甲府戦がもうすぐ始まるというのに、遅すぎるコメント申し訳ありません!
記事がアップされた当日にサッと携帯から目を通したのですが、記事のあまりの詳細さに頭が追いつけず「こ、これは試合を見返してからPCで読まねば・・・」と思ってそっとsafariを閉じたもので(笑)ようやく今日試合を見返しました。

現地で観ていた時は気持ちが熱くなっていたせいか、いざ落ち着いて録画で前半を観てみると「あれ?こんな内容だったっけ?」なんて拍子抜けしてしまって眠気すら催していたのですが、こうやって記事を読んでから再び見返してみるとガンバはうまくセレッソの攻撃の芽を摘んでいたのですね。両ボランチといい三浦げんげんといい頼もしいですねぇ。

そして期待のファンウィジョについても書いていただいていて嬉しい限りです。
何がどう凄いのかが私にははっきりと分からなかったんですが、早速今日の試合から注目していきたいと思います!

それにしても歴史に残る試合を生で観られて本当によかったですね!
読んでいるとあの日の興奮が蘇ってきました。
磐田戦、サトミキちゃん伝説が杞憂に終わる事を願います(笑)

2017/08/05 (Sat) 14:11 | EDIT | REPLY |   

くにきち  

Re: タイトルなし

ぴなぽんさん、こんにちは!
お!見直されたんですね☆

スタジアムとTV…もしくはPC越しって全然空気が違いますよね(;´∀`)
僕には芽を摘んでるように見えました^-^
セレッソペースという見方も多かったですが、特にそういう感じもしませんでしたし…。

ファン・ウィジョの動きが活きるシーンは今日の甲府でなくても必ずあると思います!
ほかのFWと「裏抜けを狙う動きの違い」を観てみると面白いと思いますよ!

サトミキが来たらリーグ戦は1回も勝ててませんからね…。
全部含めても3勝10敗とかそんなんだった気がします…。
マジで来て欲しくないです。
ネガティブなイメージで楽しくないので!!(笑)
っていうか何しにくんねん。って感じですし。

2017/08/05 (Sat) 15:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment