FC2ブログ
10
2017  

J1第21節 ×サンフレッチェ広島(A) 「強か」と、謳われるチームがやってはいけないプレー。

J1 2017 第21節
サンフレッチェ広島 2 - 2 ガンバ大阪
強かさを、かくも簡単に手放したワンプレー。


パトリック、丹羽ちゃんの移籍により、なんだか親近感が沸きに沸いているサンフレッチェ広島戦。
前節、ヴァンフォーレ甲府戦でこぼした勝ち点を、何としても獲得しないといけないチーム状況。

これ以上勝ち点で差を広げられると、優勝の目標を下方修正しないといけない。
心の底で抱く野心は優勝でいいが、現実的なラインを目指す方が精神衛生上でメリットも多い。
下方修正があるように、上方修正もあり得るので、小さい積み重ねが大事。


そして…積み重ねる上で重要なのが、丁寧に積み上げるという事だと思う。


■前半


ガンバのシステムは、4-4-2ダイヤモンド型

サンフレッチェ広島_スタメン


立ち上がりから⑦遠藤⑨アデミウソン、その他の選手の距離感が良くダイレクトパスから攻勢に出る。
距離感が良いとはどういう事か…と言うと、あくまで僕なりの解釈ですが、『選手間の距離が、相手からすると飛び込みにくく…それでいて味方へのパスコースも多い…』って感じ。

あんまりいい参考シーンではないですが…こんなイメージ。

サンフレッチェ広島_距離感

距離感を保つ為に、ガンバ選手はパスを出した後もしっかり走って距離感を保っていたように思います。
あんまり書いててもしっくりこないので、気になる方は戦術本を読みましょう!(次は丸投げぇ~♪by auのCM)


サンフレッチェもパトリックがサイドに流れて、空いたバイタルにロペスが顔を出すなど、シンプルながらしっかりシュートまで来る…。
1度目は外したロペスだが、すぐさまのチャンスを見事に決めて広島に先制を許す


ボールが出た瞬間、パトリックを意識させられて⑥金④藤春が少し下げられたような感じか。

サンフレッチェ広島_パトにつられた…

シュートはうまかったけども……もう少しパスの出し手にもプレスに行きたかった…。
暑さに強いガンバというのは、集中力が高く抜け目のなさがあってこそだと思うが、最近はそこに弱さが見える…。


失点されてからも、パスの本数という意味ではガンバはかなり多く、選手自身も止まる事なく動いてるように見えるが、なかなか「相手を動かして崩してるか…?」と言われると効果的なパスは少ない。
ただ右サイドに左サイド、⑦遠藤を中心にピッチを広く使えてる分、繰り返しする事で光明は出そうな感じ…。


現時点で、(前半30分過ぎ)1点負けてはいますが、サッカーとしては前節よりも全然良いものになってると思う。

縦パスも鋭く通し、トラップも決まるシーンが多い。
それでもあと一歩…というシーンから得点には繋がらず…。


前半37分。
⑦遠藤がボールを持ち、前線に目をやる。
⑩倉田、⑨アデミウソン、⑳長沢のポジションは図の通り。

サンフレッチェ広島_長沢への期待①

⑦遠藤からパスが出た瞬間、⑩倉田が広島DFを釣り、受けにきた⑳長沢はいい位置に。

サンフレッチェ広島_長沢への期待②

しかし受けた⑳長沢は、バックパスを選択。

サンフレッチェ広島_長沢への期待③

まだ早い時間やし、理想はここからでもシュートを打つべきだと思う…。
次点は㉒オジェソクへの展開かな。
アタッキングサードでバックパスをファーストチョイスにするFWはやっぱり怖くない…。

確かにシュートは難しいけど、⑳長沢はもっとがむしゃらにやる事で一皮剥けると信じてる。


■後半


開始早々に、、、、
⑧井手口⑩倉田⑮今野④藤春からグラウンダーのクロスから⑦遠藤ー!!!

早くも光明!

ここからも前半同様にボールはガンバが握るシーンが長くなる。
……少し広島は中盤でプレッシャーが弱いですかね?

サンフレッチェ広島_緩めのプレッシャー

イエローをもらってるからなのか、そういう戦術なのか…。


後半14分。
⑧井手口からのスルーパスに抜け出した⑨アデミウソンが倒され…

判定はPK!

水本かな?のスライディングは⑨アデミウソンが完全に抜けて後ろからしてしまい、少し軽率と言えるし、PK自体は妥当な印象ですが…主審が笛を吹くのが遅かったのはよろしくないですね。


GKに触られながらもねじ込む形で逆転!!!

試合をひっくり返した後も、ガンバは⑦遠藤を中心にポゼッションを高める。

久しぶりに見た⑦遠藤は、本当にガンバにとってオンリーワンなんやなぁ…という感じ。
特に今日の広島は、全然⑦遠藤を捕まえられていないからけっこうボールに触れているのも大きい。
真ん中にいる時は青山がよく付いていたが、⑦遠藤が少しサイドに流れると付いていかない。
それによって⑦遠藤だけでなく、⑮今野⑩倉田がやりやすそう。

もう一点取って、さらに勝ちを揺るぎないものにして欲しい所で、
⑨アデミウソンに代えて⑪ファンウィジョ
続けて⑳長沢に代わって㊴泉沢


残り10分を切って、サイドで身体を張りボールをキープする⑪ファンウィジョ
……いやぁ、強い……。
そして、ファウルももらってセットプレーのチャンスまで作成。
あとはその貢献度がゴールという数字で表れたら最高…。


そんな夢を見ていたんですが、目の前に広がったのは悪夢…。


後半40分。
⑩倉田がドリブルで持ち上がったシーン…。

サンフレッチェ広島_倉田のプレー①

今までの試合でも、ここまでドリブルで持っていくシーンは多いが……
僕の中では⑩倉田の悪癖だと思っている「雑さ」が顔を出す。

それを何度も何度も経験してるはずなのに、やっぱり繰り返しますよね。

サンフレッチェ広島_倉田のプレー②

勝っていて、残りアディショナルタイムを含めても約10分。
無理してゴールを目指さなくても、フリーの⑦遠藤に預けて時間を使えばオッケーの場面。

つまらないパスミスからカウンターをくらい……痛恨の失点

すぐさま問題の⑩倉田⑭米倉と交代となり、ガンバは怒涛の攻撃をするもゴールは割れず…。


痛すぎるというか……自殺したような試合。


■強かなガンバはいずこへ?


何ですか、最後の試合運びは。

1失点目はまぁ…しょうがない。
90分フルで集中も難しいし、パトリックが動いてたのを警戒するのも当然で、決めたロペスのシュートもうまかった。

問題は2失点目。

⑩倉田がドリブルで持ち上がる事で助かる点は確かに多い

だが、ここ最近は「持ち上がる事」が目的に(選手はそうはなってないと思うし必死なのは分かる)なってるんじゃないかと思うぐらいに、そこから先が雑すぎる

前節、甲府戦でも、1枚2枚と選手を剥がすまではいいが、必死に上がるフリーの㉒オジェソクへはパスを出さず自身で切り込みボールロスト。
切り込む事のチャレンジ精神はアリだと思うが、あまりに自分がやらなければ…という意識が強すぎるんかな…。

今日の2失点目はまさにその悪癖が出たと思う。

長谷川監督が試合後のインタビューで、
「リードしたチームのする事じゃない」と言っていたが、
ホンマにその通り。


ガンバは、こういう部分まで監督が面倒みなあかんようなチームじゃない。


‪あぁいう所をなるべく無駄にしないチームに成長して来たから「リーグでも屈指の勝負強さ」と謳われるようになったし、その先に三冠があって、カップ戦も連覇してきた。
そして毎年リーグ優勝を高らかに目標にするし、僕らもそれに向けて必死で応援する…。‬


‪引き分けという結果は、確かに良くない……良くないが、負けてはいないという気持ちです。
それよりも……何だか必死に応援する気持ちを雑に扱われたようなプレーに、すごく残念な気持ちを抱きます。


………少し熱くなりましたが、久しぶりにそれぐらい⑩倉田のプレーは軽く感じた。
きっと本人が感じてる事もあると思うし、来年以降、チームキャプテンを担う存在になるであろう選手としては、もっともっと出来ると思う。


本当は⑦遠藤が入ったことによって、潤滑になった中盤を意気揚々と書きたかったが、この試合についてはこの辺で終わって切り替えよう。


優勝が現実的に厳しくなった今、一つ一つ勝つことに集中するしかありません。
セレッソはほっといても落ちますから、問題は鹿島。
一つ一つ勝つことは、すなわち9月23日(土)の鹿島戦に勝つことも含まれます。

ここから、振り返ったら右肩上がりの直線だったと言えるように、また応援しよう。


~ 人が歩みを止めるのは”絶望に落ちた時”ではなく、そこから這い上がるのを”諦めた時”
人の歩みを進めるのは”希望”ではなく、それを掴もうとする”意思” ~

ARMSより



この気持ちを持って、次!!!
ジュビロ磐田戦へ!!!
お互い2戦勝ちなしで混戦の夏に1歩後退したチーム同士。


絶対負けられない。



ブログが良かったと感じた方は、
[勝]バナーをクリックお願いします!!

<~ランキングに参加してます~>
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
他のサポのガンバブログもこちらから御覧になれます! ※コチラをポチっと拍手して頂けると嬉しいです。


※「feedly」の登録はコチラ。
follow us in feedly


※楽天ウィジェット。
関連記事~カテゴリ別~

 J1 2017の戦い

0 Comments

Leave a comment