31
2017  

「ガンバの怪物」から「日本の怪物」へ!井手口陽介が決めた日本のW杯出場!!

日本代表!!!
ワールドカップ出場、決定!!!!!


井手口ゴール

いやーホンマに良かった!!

何が一番良かったって、、、
なんてったって井手口のゴールでしょ!!??


これがウチの怪物!!
ガンバの宝!!
井手口陽介!!!



いやぁ~~
本当に嬉しい……。

初戦でつまづき、W杯突破確率0%と言われた逆境を、しっかり覆した選手達に拍手!


先制を決めた浅野も良かったが、その少し前に「外で張っていてボールが来そうになかったら中に入れ!」と指示を出していたハリルの采配も素晴らしかった。
その言葉で浅野はあの位置にいたと思う。


さて、井手口の話。
この難しい試合に、心の整った長谷部の片腕として先発。
開始早々のボールカットから井手口の今日の出来は予感できたかも知れない。

ただ、試合の中で井手口の本当の良さである『ボールを粘り奪う』という強みは、出き切らなかったと思う。

今日の試合、対戦相手はこれまで1度も最終予選で勝ったことのないオーストラリア

カラダが大きく、セットプレーではアジアで無双の強さを誇るこのチームを相手に『ファウルを犯さない事』がチームの最重要課題となる。

そういう意味では、当たりにいくスタイルの井手口は、スタメンではない可能性もあるかと思っていた。
当たりにいきすぎてファウルを取られることを懸念して。


それが蓋を開けてみると試合の中で井手口は、
ポジショニングや当たりに行くタイミングを本当によく考えてプレーしていた
と思う。


それが、、、1番分かりやすかったのはココかなーと。

後半17分。

普段のJリーグの試合では、相手がひとつドリブルを開始した時に、すでにカラダをぶつけていたはず。

そこが井手口の強さであり魅力ですからね。

それがこれだけタイミングを見て、相手を見て、結果…クロスさえ上げさせないプレー。


奪うプレーが【剛】だとすれば、このプレーは【柔】
【剛柔】の両方出来るプレイヤーが、ガンバにはいるわけです。



そして、後半になればなるほど『運動量』という魅力を発揮させて完勝の立役者に…。
ゴールの瞬間は本当に涙だ出るほど嬉しい瞬間でした…。


最後にもう一つ。
井手口の魅力はピッチ外にもあります。

それが『たどたどしいインタビュー』です。

口癖は『たまたまです』


井手口の活躍は、嬉しいけども寂しさも募りますね…。
代表戦の活躍は、一気に世界に名が出ます。

僕は来年の夏には海外に出ると思っていましたが、今冬に移籍もあり得るかも…。


ドイツ2部に移籍した宇佐美や、オランダで頑張る堂安、そして井手口


ガンバはこれからも、日本のサッカーをリードする。


さて、それではみなさん。
井手口を見に、吹田スタジアムへどうぞ!!



ブログが良かったと感じた方は、
[勝]バナーをクリックお願いします!!

<~ランキングに参加してます~>
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
他のサポのガンバブログもこちらから御覧になれます! ※コチラをポチっと拍手して頂けると嬉しいです。


※「feedly」の登録はコチラ。
follow us in feedly


※楽天ウィジェット。
関連記事~カテゴリ別~

 日本代表

0 Comments

Leave a comment