fc2ブログ
12
2017  

「4-3のスコアはガンバらしい?」って事でちょっと調べてみた。


今日のユースの試合、youtubeでも配信されていたゲームは素晴らしい逆転劇。

ただの逆転劇ではなく、4-3という殴り合い上等のサッカーでの逆転劇は、どうしても『ガンバらしい』と思ってしまう。

ユースの準決勝の前には、ガンバU234-3という同スコアで逆転劇を上映。
ガンバU23に至っては2試合連続で上映でした。



じゃあ……トップで4-3のスコアっていつぐらい前に出たんやろ…?

ってことで調べてみた。

逆転劇自体は多くあるが、4-3というスコア
にこだわって調べると……
なんと2008年4月9日まで遡る。

<ACL、メルボルン・ビクトリー 3-4 ガンバ大阪>
前半早々に失点を許し、追いつきたいガンバは二川、バレーのゴールで逆転。
しかし前半のうちに追いつかれ2-2のスコアで折り返し。
後半、先にゴールを奪ったのはメルボルンも、すぐさま山口のゴールで同点。3-3。
このまま試合は同点で終了かと思われた89分、ルーカスのゴールで劇的逆転弾。

[前半ハイライト]


[後半ハイライト]


ハイライト動画を見ると、懐かしいぃぃ~~!!って声が出ますね(笑)
……この頃は……安田のまたぎドリブルが面白いように決まってたのになぁ…(;'∀')

と、続けて4-3スコアを調べてみると、近々で同じスコアがありました。


<2008年4月9日ACL、全南ドラゴンズ 3-4 ガンバ大阪>
前半の序盤に2失点を喫し、出鼻をくじかれたガンバが二川、播戸、安田のゴールで逆転。
すぐさま追いつかれるが……トドメに播戸が見事なゴールを決めての逆転劇。



ここも安田のサイド突破。
この年、日本A代表デビューも経験した安田が存在感を発揮してましたね。
2008年、無敗でアジアを制覇したガンバの強さを表す4-3の逆転劇でした。


ちなみにJ1の試合では2006年4月15日横浜F・マリノスまで遡る。

4-3のスコア

残念ながら動画は見つけられませんでしたが、二川マグノアウベスのゴールに、J1リーグ通算10000ゴール目を決めた前田
……全然試合展開を思い出せませんが、[先制して逆転され、逆転したけど追いつかれ、最後には突き放す]という展開は、相当にガンバらしさを感じる。


西野ガンバ時代には、4-3のスコアがこの3回だったが、長谷川ガンバでそのスコアはなし…。
決して4-3が好きなわけではないですが、残り3試合となった長谷川ガンバでも、同じような諦めないチカラ” ”勝ち切るチカラが観たいなぁ。


ホーム最終戦・札幌戦は、普段一緒に見ている友人が初のゴール裏へくる。
……監督と選手には拍手するが、社長に対してはブーイングを一緒にしよう(笑)


V・ファーレン長崎に、社長研修行ってきなさい!!


ブログが良かったと感じた方は、
[勝]バナーをクリックお願いします!!

<~ランキングに参加してます~>
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
他のサポのガンバブログもこちらから御覧になれます! ※コチラをポチっと拍手して頂けると嬉しいです。


※「feedly」の登録はコチラ。
follow us in feedly


※楽天ウィジェット。
関連記事~カテゴリ別~

 サッカー(ガンバ)

0 Comments

Leave a comment