13
2017  

E-1選手権 日本代表×中国代表 足りないものが何かよく分かったガンバジャパン。

久し振りに、90分楽しめた代表戦だった。


12月12日(火) E-1サッカー選手権の第2戦。
日本 × 中国 の試合。


何といっても我々ガンバ戦士が5人もピッチに揃ってたわけですからね( *´艸`)
井手口は大島の怪我により緊急出場でしたが。
試合全体を通しても、一体感があってよかったと思う。
解説は苦言が多かったけど、日本選手の間には『奪ったら早く攻める』という意思統一がなされてたし、結果的にはその意識からの長いボールを蹴るという行為により先制点は生まれたわけやし。

もちろん、理想は今年の終盤のガンバみたくボールを回しすぎるサッカーと、この日の日本代表のように縦に早く急ぐサッカーとの間が一番いいと思うけどね。
まさに「冷静と情熱の間」…というやつですな。

…おあとがよろしいようで。


■ガンバ戦士の寸評。


●東口 順昭
北朝鮮戦よりはピンチが少なく、なかなか出番がなかったが…パンチングやスローイングで『奪ったら早く攻める』を体現していた。

特に素晴らしいと感じたのは、前半4分の中国のコーナーキックでのパンチング。
しっかりと弾いた先に味方がいるところへ弾き、それがそのまま小林のシュートまで行き逆に日本のコーナーキックに繋がった。

東口のパンチング

僕自身にキーパー経験はないが、一流キーパーはパンチングをする際、味方へのパスとなり得るところへ弾くことを考え、次にだれもいないスペース、そして最後にもう一度コーナーに逃げる判断をすると聞く。
味方へのパスとなる、パンチングの価値を見せつけるシブいプレーでした。

それと忘れちゃいけないビッグセーブも後半に。
目に見えるアピールという意味では、中村には及ばなかったかも知れないが、あくまでフィールドプレーヤーという観点からみれば東口も負けてなかったと思う。
というか、もちろん僕らの中では日本代表の第1GKは東口なわけですが。

1失点したのは、90分かけてトコトンやられまくった鹿島の山本が、最後の最後まで突破を許して献上した愚かなPKのせい。
東口の顔に泥を塗りやがって……おっと、アンチ鹿島の血が、頭に昇りそうだったのでこの辺で止めときます(笑)


●三浦 弦太
代表デビュー戦でしたが、堂々とプレーしてましたね。

最終ラインの高さをコントロールする指示をよく出してました。
中国がバックパスしたこのシーンなんか、むしろ一番遅れてたのは昌子で、ライン上げようぜ!と指示してたのは三浦(笑)

三浦のラインコントロール

高さのある中国相手に空中戦で負けてないシーンも多く、デビュー戦としては上々だったと思います。
年齢のことを考えると、谷口よりも育てる方が日本サッカーの為になると思うし、性格もたぶんハリル好みやと思うけどなぁ~。
韓国戦、スタメンで起用されたら……非常に楽しみ。


●今野 泰幸、倉田 秋、井手口 陽介
中盤の3人もそれぞれ役割は果たしたといえるんじゃないでしょうか?

今野は長谷部がダメだった場合のアンカーとしての目途がかなり立つし、そうじゃなければインサイドハーフでも行ける。
この試合、ほんまに1ボランチかと思うほどにどのセカンドボールへの顔を出していたし、身体をぶつけてファウルでも止めるシーンもあり守備での貢献度は相当高かった。

そして、攻撃に関しても活躍は素晴らしく、川又がセンターに入り小林が右サイドへポジションを変えてからもロングフィードでチャンスを演出。
先制点はまさに川又の飛び出しを見逃さない素晴らしい形からでした。


その先制点を生んだ鋭い縦パスを出したのは倉田
代表として初めて試合に出る選手が多い中では、ゴールも上げている倉田は中堅のような立ち位置。

ハリルの指示を守って(?)縦への意識がかなり出ていたし、いいアピールになったかな~と思います。
「走れ。動かなくなったらそれは倉田ではない」とハリルに言われてるみたいですが、後は先制点を生んだ縦パスが常に出せるようになると、攻撃的MFとしてもっと上の域にいけるはず!


という事で、今野の川又へのロングフィードと小林へつけた倉田の縦パスをご査収ください。

おっと井手口の話をしてませんでしたが、期待値が高い分すこし物足りなさがありましたかね…。

守備での貢献はもう褒めるまでもなく、デフォルトでこなしてると思うので置いといて…もう少し相手のエリアでトラップミスが見られたのが惜しかった。シュートを積極的に打つのは、相手にもプレッシャーになるし良いと思うけど。

(個人的には行かん方がいいと思ってる)今冬での海外移籍が濃厚と報道される中、プレーに入る準備となるトラップをミスったりしてるのはダメでしょう。


●その他
正直言って、名古屋時代に代表に出てた時の川又は物足りなさが凄かったけど、ジュビロに移籍して名波さんの元、中村俊輔らにも習ってかなり自分の武器を活かしてますよね。

北朝鮮、中国と決して強いとはいえへん相手やけど、しっかりボールも収まるし得意の反転からのシュートも雰囲気を感じる。
裏への動き出しもよくチャレンジしてるように思うし、何よりチームメイトがしっかり見てくれている点も素晴らしい。
韓国戦ではスタメンも十分あり得ると思う。


小林悠は、ゴールも難しいゴールで素晴らしかったが、空中戦でも相手よりかなり早く飛んでるのになが~~い滞空時間で負けない強さが一番良い。
足元はもちろん上手いが、あれだけ走って身体を張ってくれるFWはチームにとっては本当に大きい。

ガンバ選手が多かった中盤について小林は『やりやすかった』と言ってくれてたみたいですが、、、、ガンバに来たらずっと出来るよ?何年か連続でオファー出してるはずやけど、今年は出してないんかね?ガンバは。
………まぁ、、、もうフロンターレは出ていかんかな。汗




と、言うことでアピールにはなったガンバ戦士だっと思いますが…同時にクラブに足りないものがなんなのかよく分かる試合でしたね。

クラブでは、
①今野をボランチの位置で使えなかったこと。
②前線の選手の物足りなさ。

が大きく足枷になった…。

今野が中盤にいる安心感と、縦パスへの意識をもってチャレンジする心とそれを受け止める前線。
足元の精度やパスの精度は、代表でもやれるだけのものを持った選手がいるので、来年はぜひ改善した姿をみたいなぁ…。


ひとまずは16日の韓国戦で勝利を飾り、全勝優勝といきましょう。
僕は忘年会の為に見られませんが、おそらく何人かのガンバ戦士が出るでしょう。
応援よろしくお願いします!


ブログが良かったと感じた方は、
[勝]バナーをクリックお願いします!!

<~ランキングに参加してます~>
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
他のサポのガンバブログもこちらから御覧になれます! ※コチラをポチっと拍手して頂けると嬉しいです。


※「feedly」の登録はコチラ。
follow us in feedly


※楽天ウィジェット。
関連記事~カテゴリ別~

 日本代表

2 Comments

よっとこどっこい  

くにきちさん、こんばんは!天皇杯行ってきました!
神戸のゴール裏に決めたと同時に大森選手のタオルマフラー(割引価格)を購入し、すっかりガンバ色を消し、参戦してまいりました。
あの赤と白の旗は試合前に配られて(返却するんですけどね)私ももらって振りました。
神戸讃歌は震災を思い出されて(被害にあってはいないのですが)涙が出そうになりました。
C大阪もそうなんですが神戸さんも試合前に中央に集まって肩をくんで飛びます。C大阪は超スローなテンポなんで飛ぶタイミングがわからず(気持ちを合わす気がないからかもしれませんが)、神戸さんは飛びやすかったです。ただ、ものすごく体力が必要です。
大森選手が1点入れて、これで決まった!!!!!と一瞬思いました。
でも私はガンバサポ。
あの、ホームでのルヴァンカップ戦の出来事が一瞬脳裏をよぎり、その瞬間に1点返されてしまいました。
神戸サポさんはブーイングとか、審判に対する批判とかあまりなく、行儀がよいので、ものすごくストレスを感じておりましたが、そこから、ああ恐ろしや~
ガンバサポ根性が爆発!!!詳しくは申し上げませんが、周囲からは「なんか今日はガラの悪いおばはんがおる」くらいな不快な思いをさせてしまったかも(;^ω^)
ガンバのゴール裏に参戦し始めて2年すっかり染まっていることを実感いたしました。(人の責任にしてはいけないんですけどね)
試合の内容は全くわかってはいないのですが、審判のジャッジが影響したように感じました。

2017/12/23 (Sat) 22:42 | EDIT | REPLY |   

くにきち  

Re: タイトルなし

よっとこどっこいさん
こんにちは!行かれましたか…!

しっかりと神戸のチャントや応援の仕方を注視したことがないんですが、震災を乗り越えるとか、そのあたりの凄さは仙台もそうですが素晴らしいことですよね。
そしてそれを忘れずサッカーが見える幸せをかみ締める歌があるのも。
とはいえ、、、最後の最後に力尽きる姿はやはり大きな差があるんでしょうね…。
試合は見てませんし、なんだったら決勝がどことどこなのかもぜんぜん興味が湧かないという何ともクールな状況でした笑

ガンバのゴール裏はやっぱり荒いんですか…笑
ほかのチームのゴール裏に行ったことないんですが、その染まり方は良くない気がしまうね!笑
度を越しすぎると「神戸サポ乱心!」の見出しが出るとこでしたが、堪えたのはさすがです!(褒めるところではない?)

来シーズンのガンバには、審判をも越える強さを期待しましょう♪

2017/12/25 (Mon) 16:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment