FC2ブログ
13
2018  

第21節×FC東京 "USA晴らし成功!" 監督の狙いがハマった大勝利!

J1 2018 第21節
ガンバ大阪 2 - 1 FC東京

~当ブログ設定の年間目標~
目標:得点:70 失点:40
現在:得点:21 失点:31


みなさま、ご無沙汰しております。

いつぶりのブログになりますかね…。
もう忘れられているかと思いつつも、ありがたい事に過去の記事を読んでくれている方がいたりして毎日一定のアクセスをいただいていました。
仕事が忙しかったりでなかなか書く時間がなかったのに、すいません。

とはいえ、何度か書いているとおり見てくれている方に気持ちを向けすぎると疲れてしまって余計な悪循環に入ってしまうので、これからもきっと、更新頻度は少なくなると思いますしクオリティも低く、ほんとにただの観戦日記になると思います。

わざわざ告げる事でもないんですが、よく「ブログ書かへんの~?」と言ってくれる人がいたので敢えて書きました。
気が向いた時に覗いてみて、更新していたら「おっ、なんか更新してるやん♪」ぐらいのテンションで見てくれると幸いです!


さて、今節は勝ちを収め、あらためて "勝ち点3" という合法ドラッグが、我々サポーターに与えてくれる快感の大きさを実感。
勝つ事がどれほど素晴らしい事か…監督も選手達も感じた事でしょう。

<試合終了直後の円陣 byガンバ大阪のインスタ>
fc2blog_201808130056163ce.jpg


■前半


試合は、開始早々からサイドバックとセンターバックの間(チャンネルとよばれるスペース)を狙われ大ピンチ。

チャンネルに侵入される_

ここもサイドバックとセンターバックの連携部分を狙われ大ピンチ。

チャンネルに侵入される②_

いずれも⑤ファビオがFC東京・ディエゴオリヴェイラのマークに釣り出されて空いたスペースを使われた。
⑤ファビオのマークはきっとツネ様の指示だと思うし、それで空いたスペースを埋めることもきっと考えていたと思うが、、、、ここはFC東京の選手にうまく攻められたと思う。

大森からのフライパスを受けた選手は、左右のどちらの選手に出しても決定的な状況を作れる状態。
つまりガンバのDF陣よりも先にスペースを見つけてそこに走りこむ集中力を持っていたという事ですね。

大ピンチ②_

度重なる大ピンチにも、①東口のセーブやFC東京選手のミスのおかげで何とか無失点…。
正直、開始早々にチーム力の差を見せつけられて「この試合もけっこう厳しいなぁ…」と思ってましたが、この日のガンバはすぐさまやり返します。

前半8分、一見して押し込まれていた展開の中でしたが⑦遠藤が、FC東京サイドバックの室屋が高い位置を取っていることで空いたスペースへ何の意図もないような感じでダイレクトパスを出します。

室屋の裏①

そして、そこに流れてパスをしっかり受けて真ん中の空いたスペースへ展開する⑲一美
しっかり展開したことよりも重要だったのはFC東京のセンターバック・チャンヒョンスを釣り出したこと。
それによって⑨アデミウソンはサイドバックとセンターバックの間に走り込み、㉕藤本もしっかりそこへパス。

室屋の裏②

やられたらやり返すとばかりに、センターバックを釣り出してバイタルからゴールを狙い合う展開。
痺れますね。

逃げずに攻勢に出る姿勢は、前節屈辱の逆転負けを受けて宮本監督から飛んだという『逃げるな』という檄のおかげでしょうか。
名将になるための重要なファクターであるモチベーターの要素は、代表主将の経験から宮本監督にはすでに備わってるのかも知れないですね。


試合は15分ごろから少し落ち着きを見せる。
ガンバは⑤ファビオ⑬菅沼がポジションを空けてマークに行くシーンが少なくなってきたからか閉まってきた印象。
ディエゴオリヴェイラがボールを受けに下がりすぎてくれるおかげもあるでしょうけど。

FC東京サイドバックの室屋や太田も、高い位置に取っていたポジションを下げて少し守備的な位置にポジショニングするようになって閉まってきた。

そういう展開の中でゴールが生まれるのは大体セットプレーというのがサッカー。
そのセットプレーをこの試合でモノにしたのはガンバ大阪。


宮本監督に変わってから選手達はボールをとても丁寧に扱っている印象。
これはクルピの時に宮本監督がJ3を指揮していた時に観た試合でも感じた。

前や横にいる選手が見えるボールの受け方をしたり、しっかりボールを持った人が見える位置に顔を出したり。
ダイレクトパスが多く見られるのもそのおかげだと思うし、ゴールに繋がった攻撃シーンも、しっかりといろんな選手でボールを運んで獲得したコーナーキックの流れからだった。
クルピガンバから宮本ガンバになって変わった大きな大きな部分だと思うし、こういうゲームの作り方がいかにもガンバらしいと、僕は思う。


■後半


早々にガンバは大ピンチ。
FC東京・高萩のスルーパスに受けた富樫がうまくターンしシュート。
が、残念そこは①東口
ただ、DAZNよ。
こういうシーンは、超絶パスを褒めるのは良いけど、合わせて超絶セーブも褒めれば「おっ、DAZNってサッカーの事わかってるやん。」ってなるよ?
よく覚えておくように!( ..)φメモメモ


1点を追いかけるFC東京は当たり前ですが、最終ラインを高くし(特にサイドバックは高い位置)サイドハーフも含めて攻撃をしかけてくる。
それに対するガンバは、逆にその高い位置を取るサイドのスペースを狙う。

サイド攻撃①

サイド攻撃②

ガンバは決して逃げて下がってばかりではなかったが、FC東京・高萩が意図してそういうプレーをしていたのか分かりませんが、ディエゴオリヴェイラを休ませるように代わりに前線でボールをよく受ける…。
それに対応するために宮本監督はシステムの変更を試みるが、なかなか選手へ意図した形が伝わらず右往左往…。
ここはすんなり伝わるように反省点ですかね。。。


変更したあとのシステムはおそらくこう。

ダイヤモンド型

4-4-2のダイヤモンド型のような、4-3-3のような…。
サイドで対応するよりも、最後の中央部分を埋める対応にした形でしょうか。
それでもボールが途切れる毎に⑩倉田⑦遠藤は監督と話をするなど、いまいち意図が伝わらない…。

解説の水沼さんも言ってましたが、こういう時に経験値の高い⑦遠藤㉕藤本の存在は大きい。

ダイレクトパスでコントロール

ポンポンポンとダイレクトパスでボールを動かし、FC東京にボールの奪いどころを定めさせないコントロール。
さすがです。

何とかこのまますんなりと試合をコントロール出来れば最高でしたが、、、、
まぁさすがリーグ2位というべきか、単純にディエゴオリヴェイラの個のチカラを褒めるべきか、後半41分に失点…。

終了間際に失点
まさにデジャヴュ…。
またこのまま勝ち点をこぼしてしまうのかと思ったが、『逃げんな』と檄を受けたガンバ選手は逃げない。

アディショナルタイムも4分が過ぎ、ほぼラストプレーとなるガンバの攻撃。

①東口から⑭米倉にパスが出た瞬間。
FC東京サイドバックの太田の裏のスペースを感じ、猛ダッシュする㉙高江

2点目への道順①

走りきって広大なスペースでボールを受けた㉙高江がしっかりボールを運ぶ。
さらに太田を置き去りにして⑭米倉もしっかり㉙高江を追い越そうとダッシュ。

2点目への道順②

ゴールラインいっぱいまで二人で持っていき、さぁここからどうゴールに展開するか…という所でやっと太田が㉙高江に追いつく…。

2点目への道順③

が、ここで㉙高江が見せた動きが秀逸。
バックステップで⑭米倉からのパスを落ち着いて受けられるスペースを自ら作る。

2点目への道順④

更にこの展開のこの時間で、ボールを受けに来た⑦遠藤を無視してさらに先にいる㉘高を見る落ち着き。

2点目への道順⑤

ここから先はもうご存知だと思いますが、どうぞ動画でもう一度。

ゲ・キ・テ・キ!!!!

ですが、試合開始から常に狙い続けていたサイドバックの裏のスペース。
この狙いがしっかり勝ち越し点になりました。

偶然のようなゴールに見えますが、㉙高江のあのランニングはチームとしての意図を感じる。
きっとこの勝利は、僕らのような素人が思う以上に、新体制としての宮本監督や分析スタッフ、コーチ陣には大きな自信になる試合だったんじゃないかと思う。

本当に良い試合でした。

ハーフタイムにDA PUMPが話題の曲『USA』を披露してくれましたが、その応援もあってガンバは見事に"USA晴らし"(憂さ晴らし)に成功。
DA PUMPさん、毎試合来てくれてもいいですよ?


■一美の気の利いた守備


さて、最後にこの試合でJ1デビューとなった⑲一美のプレーを一つ紹介したく思います。

㉘高も安定感が出てきて、㉙高江もすんなりゲームに入れるようになった。
そして⑲一美も、たった1試合で評価を下すのは早計だとは思いつつも、皆さんもかなり良い印象を受けたと思います。

ボールは収まるし、サボらない。
⑨アデミウソンの事もよく見ているし、代表クラスのDFを相手にもしっかり渡り合っていた。
早いうちにゴール出来れば…ほんとにチームでもFWの1番手2番手を狙える伸びしろを感じる。

そんな⑲一美ですが、J3で宮本監督に鍛えられたんやろうなあ…と感じたシーンを紹介。

前半12分にFC東京が右サイドでボールをまわして攻めるシーン。
真ん中のスペースにFC東京選手が入り込んでくるんですが、そこに付くのはFWの⑲一美

一美の献身性①

この戻りのおかげで真ん中のスペースは使われず、攻撃を遅らせることに成功。
前半12分という時間を考えても、しっかり自分が監督から何を求められてるか意識している証拠だと思う。

続けて、その流れから。
⑲一美が来たことで攻撃をやり直すために最終ラインにボールを戻したFC東京。
そこから一つ前にパスを出したシーンがこちら。

一美の献身性②

ここで⑲一美は、ボールホルダーへのチェックを、しっかり高萩へのパスコースを意識した動きを見せる。

一美の献身性③

こういうプレーを前線がしてくれることで助かることは数多くある。
例えば後ろがチェックに行かずに済むので運動量をセーブする事が出来るし、パスコースを切ってくれることで奪い所を絞りやすい。
チームに与える影響は目立たないながらかなり大きい。
これが意識的に習って出来てるのか分かりませんが、これからの⑲一美を見る上で、楽しめるポイントになるかなと思ってます。


さて、ここまで読んでくれた方。
ありがとうございます。


久しぶりに書いたらめちゃくちゃ長くなってしまいました。
もっと簡単にするはずだったんですが、見直してると書きたい事が多くなって(笑)


それではみなさん、まだまだ暑い日が続くのでお体に気を付けてお過ごしください!
次も勝ちましょう!!!


ブログが良かったと感じた方は、
[奪還]バナーをクリックお願いします!!

<~ランキングに参加してます~>
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
他のサポのガンバブログもこちらから御覧になれます!
※コチラをポチっと拍手して頂けると嬉しいです。


※「feedly」の登録はコチラ。
follow us in feedly


※楽天ウィジェット。
関連記事~カテゴリ別~

 J1 2018の戦い

4 Comments

たく  

興奮しまくり!!

首を長~くして更新待ってました(笑)
J3を観ていて一美のプレーが
J1で通用するか試してほしかったので、
デビューはホント嬉しかったです。
このまま成長してくれれば、今後10年は
日本人FWに困りませんね。
おそらくクルピなら中村君優先で一美に
チャンスはなかったであろうから
恒さん最高です。(若手の見極めでも)
まだまだ降格圏にいるのでこの勢いで連勝街道に
入ってほしいです。

2018/08/13 (Mon) 20:12 | EDIT | REPLY |   

BB  

金Jはやっぱり見ちゃうよね~。

くにきちさん、久々の更新祝いに書き込みに来ました(^0^)v

「金J」はサッカーファンにはいい刺激ですね!
本当に劇的な勝利でした!! 思わずパソコンの前で叫びました。

ガンバの勝利、それはすなわち「鳥栖も絶対負けられない」を意味します。
ヒリヒリするような残留を目指した戦いはまだまだ続きますね!

ともにこの泥沼から抜け出して、8月26日の戦いを迎えましょう!!
(日曜夜の試合なので鳥栖に来るのは厳しいでしょうか?)

それでは無理しない程度に更新お願いします!
また、お邪魔します。

2018/08/15 (Wed) 16:34 | EDIT | REPLY |   

くにきち  

Re: 興奮しまくり!!

たくさん
コメントありがとうございます!

そんなそんな!長くしていただいた首が期待通りでなくてうなだれて折れてませんか?大丈夫ですか?

クルピならチャンスはなかったでしょうね…。
現実的な選考ではなく、自分の理想をあてにする選考でしたから…。
食野なんかも残念ながら同様だと思います。

さきほど札幌戦を見終えてコメントを書いてますが…悔しすぎます!
負けてはないけど、、、なんやら中途半端な分、修正含め難しい結果だと思います。。。

なんとか次は勝ち点3が必要ですね…。

2018/08/16 (Thu) 00:53 | EDIT | REPLY |   

くにきち  

Re: 金Jはやっぱり見ちゃうよね~。

BBさん、ご無沙汰しております!
案外元気にしております、くにきちです!

見ていただいていたんですね!おかげで勝ったようなもんですよ!(とはいえ、このコメントは札幌戦を見終えて書いてるのでテンションは少し低い…(´;ω;`))
連勝街道でのやりあいを期待したいところですが、やはり降格圏にいるチームらしい試合になってしまいました…。

鳥栖にも行きたいのですが、今の仕事は展示場の運営という土日も営業しているところなので、しばらくスタジアムにも行きにくい日が続いてます…。
いつか必ず出向きます!!!
ほんと、その時はよろしくお願いします!
出来ればトーレスをそれまで繋ぎ止めて置いてください!

2018/08/16 (Thu) 00:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment