fc2ブログ
31
2016  

「New Year Cup」 リーグ開幕の相手・鹿島vs昇格組・福岡の雑感

公式戦というよりはトレーニングマッチの意味合いが強いNew Year Cup。

ガンバの開幕の相手・鹿島アントラーズが昇格組のアビスパ福岡との対戦を放送していたので、
シーズンの前ではありますが、現在の状態を感じたまま書こうと思います。



■前半
【鹿島の印象】
・攻→守の切り替えが早い。

・切り替えが早い事もあり、福岡に考える時間を与えず「わかりやすいパス」を出させている。

・中央を固める福岡に対して、サイドへの展開で崩そうとする。

・前線の動きも中央におりる、最終ラインを押し下げるなどの動きが乏しいので福岡の最終ラインは突破できない。
→金崎抜けの穴はデカイ。

【福岡の印象】
・鹿島プレッシャーの中で受け身になってて、ダイレクトで捌けない。
→体を当てられてロスト。

・前線はウェリントン頼みでわかりやすすぎ。

・前半終わりは少し鹿島の運動量も落ちて「ダイレクト→ダイレクト」がやれるようになって、少し攻勢に。


■後半
【鹿島の印象】
・ジネイは相変わらずまだまだダメそう。

・赤崎、鈴木などを投入後はまた鹿島がゲームを支配。
→鈴木はガンバ戦でプロ初ゴールを決めた選手。ヘディングも強くていい選手。

・常に前線の誰かがDFの裏に抜けようとする。

・終了近くなり、無失点をゲーム目標に変えたのか5枚ブロックなどで福岡に対応。

【福岡の印象】

・ハーフタイムで「ゲキを飛ばした」という井原監督、それを受けてか縦パスも多くなり、ヤル気を見せる。

・常に裏を狙う鹿島に手を焼いて失点。

・クロスも中に「適当」に上げるシーンも多くてもうひとつ…。



■まとめ

鹿島と福岡にはやっぱり「差」があるように思えました。

鹿島は、前半はサイドから崩し、後半は裏抜け。
締める段階ではしっかりゴール近くを固める。
など、いろいろな攻撃がしっかりやり切れる。

それでもやっぱり前線の迫力は物足りない。
開幕までにどうなるか…ですが、人材不足はどうしようもないので、
得点できればガンバの勝利は大きく大きく近づきそうな印象ですね。
取り返される可能性は低いように思います。


福岡は負けはしましたけど、
ハーフタイムに井原監督からゲキを飛ばされて始まった後半は、
J1でもやれる可能性を少し見えたような感じ。

監督の言葉を受けて明らかに変わった福岡。

『「信」は万物の基を成す』

なんて、誰かに聞かせたい言葉を思い出しましたが、
福岡の選手は井原監督との信頼関係が良いように思いました。

ガンバとの対戦は4/24、福岡のホーム。
それまでにこの信頼関係がどこまで結果に繋がってるか。

あーサッカーのシーズンはやっぱり楽しい!(笑)

~ランキングに参加してます。~
良ければ下のバナーをポチっとお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ ※コチラをポチっと拍手して頂けると嬉しいです。


※「feedly」の登録はコチラ。
follow us in feedly


※楽天ウィジェット。
関連記事~カテゴリ別~

 サッカー(ガンバ)

0 Comments

Leave a comment